ニュース

「裁判所が泣いた介護殺人事件」が舞台化、各地で公演

投稿日:

Pocket

2006年京都、介護疲れと生活苦から悲しい殺人事件が起きました。

この事件を題材に、認知症と介護の問題を問いかける社会派舞台「生きる」が2017年11月〜7月まで東京・埼玉・神奈川・広島の各地で公演となるようです。

介護とどうしようもない生活苦から、「もう生きられない」と認知症の母親と心中未遂を起こし、死にそびれた息子は懲役2年6月、執行猶予3年の判決を受けた事件。

2006年に京都で起きたこの事件は「裁判所が泣いた介護殺人」と呼ばれる悲しい事件でした。

テレビ等でも度々取り上げられている為、介護の仕事をしている人の間では地味に有名な話かもしれません。

余談ですが、あきすけの働く特養では、施設内勉強会にてこの事件を取り上げた事もあります。

舞台を企画・立案したのは、ブッチー武者さん。

1980年代に大ブームを巻き起こしたバラエティー番組「オレたちひょうきん族」の大人気コーナー「ひょうきん懺悔室」で懺悔の神様として大人気でした。

自身も認知症の母を持つ武者さんは、京都の事件に衝撃を受け、劇団「ZANGE」を設立、2014年9月の初公演をかわきりに、現在までに合計8か所での公演を行なってきたのだそう。

また、この企画は講演と公演の二本立てとなっているようです。

第一部の講演は、『平穏死のすすめ』(講談社)の著者でもあり、特別養護老人ホーム 芦花ホーム 常勤医の石飛幸三さんが「平穏死を受け入れるレッスン」と題し、生きて欲しいけれども楽に逝って欲しいという家族のジレンマに答えるとの事。

第二部は公演「生きる」となっています。

以降各地での公演予定は以下のようになっています。

2017年11月9日(木) 東京都板橋区

2017年11月29日(水) 東京都東村山市

2018年2月10日(土) 埼玉県所沢市

2018年5月18日(金) 東京都葛飾区

2018年7月14日(土) 神奈川県相模原市

2018年秋 広島県福山市

詳細: http://ikiru.bmc-enterprise.co.jp


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レモングラスが認知症改善に効果あり! 前頭葉活性化や鬱・更年期障害の治療にも期待

高齢になると、体の機能が低下するします。 特にアルツハイマー型認知症の場合は初期から嗅覚の異常が見られ、認知症の重度化とともに嗅覚も低下するとされています。 つまり、においに対して鈍感になったら、認知 …

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”、およそ半数が認知機能回復

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”と判定された在宅の高齢者を4年間追跡したところ、半数近くは正常な認知機能を回復したとの研究を、国立長寿医療研究センターのチームがまとめ、米医学誌に発表 …

自立支援介護の報酬増へ見直し!成果をあげた事業所への支払いがより多く!?

厚生労働省は今日8月23日、要介護高齢者の自立支援で成果を上げた介護サービス事業所へより多くの報酬を支払うよう、仕組みを見直す方針を固めました。 高齢者の生活能力向上や社会参加を促すと共に、介護保険の …

福島県で介護施設ばかりを狙った連続窃盗事件・・・

福島県いわき市内で、介護施設ばかり狙った窃盗事件が相次いでいるそうです。 福島県いわき市のある介護施設に取り付けられた防犯カメラには、顔を隠した2人組が施設内を物色する様子が捉えられていたそう。 警察 …

福岡で「高齢者の症状に合わせた車いすシーティングセミナー」開催

10月28日、日本通所ケア研究会が福岡市にて「高齢者の症状に合わせた車いすシーティングセミナー」を開催します。 このセミナーは、介護現場の高齢者に合わせた姿勢の具体的な整え方や適切なシーティング術を体 …