ニュース 事件

「認知症、閉じ込めなければ罪ですか」 JR認知症鉄道事故訴訟、遺族が救済拡大へ実名で講演

投稿日:

Pocket

愛知県大府市で列車にはねられて死亡した認知症の男性(当時91歳)の遺族がJR東海から約720万円の賠償を求められた裁判で、家族に責任はないとした最高裁の逆転判決から約2年。

男性の長男は実名を公表して7年の介護とその後6年に及んだ裁判について各地で講演しているそうです。

「1、2審判決に『ひどい』と声を上げてもらったおかげで逆転できた。私の経験が役に立つのならお伝えしたい」。

長男は高井隆一さん(67)。

2000年ごろ、父が認知症を発症すると、妻が実家近くに転居するなど家族総動員で介護に取り組んだそう。

事故が起きたのは07年。

愛知県大府市で2007年12月、当時91歳の認知症の父が、わずかな間に家を出て、列車にはねられて死亡されました。

「非常にゆっくりとしか歩けなかった父が、1人で家を出て線路に入るとは想像できなかった。」

ショックがようやく癒えてきたころにJRから列車の遅延などを理由に支払いを求める書面が届き、事故で生じた振り替え輸送費などの賠償を求めて家族を提訴。

1審は「目を離せば、他人の生命、身体、財産に危害を及ぼす危険性を予見できた」として約720万円の賠償を命じ、2審も約360万円の賠償を命じました。

だが、16年3月の最高裁判決は、家族の監督義務を限定的にとらえる判断を示してJRの請求を棄却、家族側の逆転勝訴が確定しました。

「家族が重い責任を負うのならば自宅で介護できない」「とんでもない判決を出してしまった。介護に携わる人たちに申し訳ない」と責任を痛感していた高井さん。

土壇場での逆転勝訴に「本当にほっとした」という。

判決後、神奈川県大和市や大府市、神戸市で、賠償請求に備えた保険料を自治体で負担するなど被害者救済の制度をつくる動きが起きています。

高井さんは「どの制度がベストかの問題はあるが、救済策が全国に広がってほしい」と願っているそう。

認知症については「社会で理解が本当によく深まった。認知症になっても決して危険な存在ではないことを知ってもらいたい」と強調しています。

4月には著書「認知症鉄道事故裁判 閉じ込めなければ、罪ですか?」(ブックマン社)を出版しています。

「誰でも同じような問題に直面する恐れはある。少しでも参考になればうれしい」と話しています。

 

 

 


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース, 事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

鍋に下剤混入で介護職員逮捕・・・ 兵庫県の介護老人保健施設で

兵庫県伊丹市の介護老人保健施設で、味噌汁の鍋に異物を混入させたとして非常勤職員の男が逮捕されました。 ビデオカメラが、何かを入れる姿を捉えていました。 警察によると、11月13日、職員用の食堂で味噌汁 …

車に貼られた“車椅子マーク”、実は道路交通法で認められていないマークだった!?

車に貼られているのをよく見かける、若葉やもみじ、四つ葉、蝶といったマーク。 それぞれ、初心者、高齢者、身体障害者、聴覚障害者であることを周囲に報せるものです。 これらは、やむを得ない場合を除き、これら …

「裁判所が泣いた介護殺人事件」が舞台化、各地で公演

2006年京都、介護疲れと生活苦から悲しい殺人事件が起きました。 この事件を題材に、認知症と介護の問題を問いかける社会派舞台「生きる」が2017年11月〜7月まで東京・埼玉・神奈川・広島の各地で公演と …

“耳が遠い”で認知症のリスクが1.6倍増!?

先月、最も評価の高い世界五大医学雑誌の一つとされているLancet(ランセット)に、認知症の予防や治療等に関する最新の知見をまとめた論文が掲載されたそうです。 その論文では、“難聴”が認知症のリスクと …

特養職員が特養で結婚式、入所の祖母の前で挙式! 「ばあやん、結婚したよ」に普段声を発しない祖母から発語の奇跡

「施設で暮らす祖母に晴れ姿を見せたい」。 長野市豊野町の社会福祉法人賛育会特別養護老人ホーム「豊野清風園」で4月22日、女性介護職員の結婚式がありました。 地元の専門学校生が全面協力した『手作り』結婚 …