ニュース

インフル後も鼻水が止まらない場合は実は“副鼻腔炎”!? 喘息を合併の危険も

投稿日:

Pocket

インフルエンザや風邪をひいた後、他の症状が治まったのに鼻の不調だけが続くなら、副鼻腔炎かもしれませんよ!?

副鼻腔に炎症が起きて、鼻水や鼻づまりの症状が出るのが副鼻腔炎です。

副鼻腔炎の代表的な症状は、粘り気のある鼻水と鼻づまりですが、目や頬など顔面の痛みや頭痛が出たり、嗅覚障害を伴ったりする例もあるのだそうです。

炎症が起きて1カ月以内の急性副鼻腔炎の場合、痛みや多量の黄色い鼻水といった激しい症状が出ることも多いようですが、一方で発症後3カ月以上たっている慢性副鼻腔炎は症状が穏やかで、改善と悪化を繰り返すため、長年放置されることもあるのだとか。

鼻の症状に加えて、注意力が散漫になるなど、気付かぬうちに生活の質が大きく低下してしまう危険も。




副鼻腔炎にはいくつか種類があります。

1つ目はいわゆる“蓄膿症”で、副鼻腔にうみがたまります。

ペニシリンなどの抗菌薬を1~2週間、あるいは少量のマクロライド系抗菌薬を3カ月を目安に服用して治療します。

2つ目は“副鼻腔真菌症”で、高齢者や糖尿病などの持病で免疫力が低下している人がかかりやすいようです。

副鼻腔にカビが増殖するもので、カビ臭い室内や空調の清掃不足など環境が原因の一つとなります。

急激に悪化する場合は、すぐに患部の切除手術が必要なんだとか。

3つ目は“好酸球性副鼻腔炎”。

白血球の一種、好酸球が過剰に反応して鼻と副鼻腔の炎症が続くのだそう。

近年患者数が増えている症状なのだそうで、粘り気がある鼻水が特徴で治りにくいんだそうです。

両方の鼻に多数の鼻茸ができて、強い鼻づまりや嗅覚障害を起こすことが多く、しばしば成人発症のぜんそくを合併するのも特徴です。

この副鼻腔炎に対してはステロイド薬による継続的な治療が最も有効で、鼻茸の切除や副鼻腔の入り口を広げる内視鏡下副鼻腔手術で症状を軽減できるそうです。

 




なんにしても鼻の不調が長引いたら、放置しても改善は見込めないと思った方が良いかもしれません。

高齢者は特に、たかが鼻水と侮らずに、早期受診する事が必要かもしれませんね。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日本初“介護・認知症予防用パチンコ台”!!介護施設等にレンタル・販売開始

群馬県にある有限会社グローバルスタンダードという企業が、福理学療法士・作業療法士と協力し足や手を使って目で見てタイミングを図りながら運動を行う製品“介護・認知症予防用パチンコ台”を開発しました。 遊技 …

8月から保険料に「総報酬割」導入で大企業社員や公務員は介護負担増 

40~64歳が支払う介護保険料。 収入に応じた「総報酬割」という新しい計算方法が8月から導入されるそうです。 大企業の社員や公務員ら約1300万人は負担が増える一方、中小企業を中心に約1700万人は負 …

ノルウェー、老人ホームに学生が宿泊するようになる!?

日本の話ではありませんが・・・ 安い宿泊料で学生が老人ホームに滞在し、高齢者が若者と交流できるような取り組みをノルウェーの野党・最大政党の労働党が提案したとかなんとか。 試験的プロジェクトとして実行で …

介護職員の労働組合、介護職員の更なる賃上げ求める要請書を厚労相に提出

先日、7万人超の介護職員らでつくる業界最大の労働組合「UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)」が来年度の改定で介護報酬を引き上げるよう訴える要請書を加藤勝信厚生労働相に提出したそうです。 現 …

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”、およそ半数が認知機能回復

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”と判定された在宅の高齢者を4年間追跡したところ、半数近くは正常な認知機能を回復したとの研究を、国立長寿医療研究センターのチームがまとめ、米医学誌に発表 …