ニュース

ストレス調査の結果、介護サービス業の男性職員はストレス過多!?

投稿日:2018年6月20日 更新日:

Pocket

情報サービス業の情報基盤開発が、同社の「AltPaperストレスチェック」の尺度を用い、保健衛生、社会保険・社会福祉・介護事業の職種を細分化し、そのストレス状況・ストレス要因を分析した結果を公表しました。

レポートによれば、保健衛生、社会保険・社会福祉・介護事業に従事する男性では高ストレス者の割合が約15%にも上り、総合健康リスクも全国平均を上回る結果となったそうです。

一方、女性では高ストレス者の割合は約10%で全国平均と同程度で、総合健康リスクでは全国平均より低い値となり男女間でストレスの程度に差があるよう。




職種別では、特に介護ヘルパーなど介護サービス職の従事者では男女共に総合健康リスクの値が全国平均を超えており、高ストレス者の割合では男性の値が15%を超えている一方、女性では全国平均並みになっているのだとか。

他の職種についても同様に男女間で差が見られ、男性では大多数の職種で総合健康リスクが全国平均を大幅に上回り、高ストレス者の割合が15%前後と高い値を示しているようです。

一方、女性では高ストレス者の割合も総合健康リスクも共に全国平均を下回っており、唯一事務従事者の高ストレス者の割合のみが全国平均を超えているそう。

保健衛生、社会保険・社会福祉・介護事業では職種にかかわらずストレス度が高い傾向にあるようですが、特に男性では精神保健上の不調につながりやすい傾向がありそうです。




AltPaperのストレス尺度で男女を比較すると、全ての尺度において男性のストレス度が全国平均並びに女性のストレス度より高くなっています。

総合健康リスク判定の4つの尺度では、男性は「心理的な仕事の負担(量)」「上司からの支援度」で全国平均並みですが、「仕事の裁量度」「同僚からの支援度」では全国平均より多いストレス度と評価されています。

一方、女性では「心理的な仕事の負担(量)」のみで全国平均を超えるストレス度となっており、他の3つの尺度では全国平均並みもしくは全国平均より弱いストレス度となっているようです。

男女共に「職場環境によるストレス」「自覚的な仕事の適性度」「働きがい」「仕事や生活の満足度」のストレス度は全国平均より弱くなっており、福祉業の従事者はやりがいを感じながら意欲的に仕事に取り組んでいることも推測されます。

なので尚更職場における精神保健面でのマネジメントが重要なのでしょうね。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

新潟県のケアマネ試験、採点ミスで70人が不合格に・・・ 県が謝罪、追加合格に

新潟県は10月8日に県内6カ所で実施した介護支援専門員(ケアマネジャー)実務研修受講試験について、採点ミスがあり、本来合格していたはずの70人を不合格にしていた、と発表しました。 該当者に謝罪し、追加 …

京都の若手僧侶達が中心となって“認知症の駆け込み寺”目指す

京都の若手僧侶達が認知症対策の拠点として寺院を活用しようと、プロジェクトチームを結成したそうです。 全国各地にあって、尚且つ高齢者との接点が多い寺院を一種の社会基盤と考え、その強みを生かし認知症に悩む …

社会保障の仕組み変更、医療・介護の負担が増えます・・・ 

8月1日から社会保障の仕組みが変わります。 特に一定の所得がある高齢者は、医療と介護サービスの自己負担額の上限が共に引き上げられます。 医療は70歳以上が対象で、外来医療費の負担上限が月2千円アップし …

深刻な介護人材不足、政府は賃上げやロボット導入を更に進める方針

介護分野の人手不足は深刻で、政府の調べでは2016年の有効求人倍率は3倍超と全職業の1.36倍を大きく上回っています。 高齢化が加速する中、深刻さが増すのは確実で、政府は賃上げなどの待遇改善による職員 …

自己負担2割に上がった利用者、介護サービスの利用中止が負担1割の利用者の約3倍に

自己負担が1割から2割に上がった利用者のうち、1週間あたりの利用単位数の合計を減らした、あるいはサービスの一部を中止した人の割合は3.8%となっているそうです。 サービスを減らした2割の利用者に理由を …