ニュース

京都の若手僧侶達が中心となって“認知症の駆け込み寺”目指す

投稿日:

Pocket

京都の若手僧侶達が認知症対策の拠点として寺院を活用しようと、プロジェクトチームを結成したそうです。

全国各地にあって、尚且つ高齢者との接点が多い寺院を一種の社会基盤と考え、その強みを生かし認知症に悩む人や専門家らが集う「駆け込み寺」になることを目指すのだとか。

中心となっているのは京都市の浄土真宗本願寺派の研究機関「総合研究所」の研究員らで、今年4月に京都市であった第32回国際アルツハイマー病協会国際会議ではポスター発表を行ったのだとか。

寺院は、本願寺派だけでも全国に1万以上あり、今後賛同する寺院を募り各地でセミナーを開く予定だそう。




プロジェクトチームは「お寺にはさまざまな人が立場を超えて語れる雰囲気がある。僧侶も月参りなどで日常的に門信徒の家庭状況を把握でき、ちょっとした変化やSOSを感じやすい。また、お寺は生老病死の苦悩に寄り添ってきた場。認知症という苦悩を切除するのではなく、どうつきあい支えるかを一緒に考えるセーフティーネットのような存在になれるはず」と意気込んでいるそうです!

現在は“寺離れ”が進んでいるとも言われていますが、こういった取り組みによって「身近にあって頼れる」が浸透していくと良いですね!!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

100歳以上の高齢者、 6万7000人超で過去最多更新!最高齢は117歳

全国の100歳以上の高齢者は今月1日の時点で6万7000人余りと、去年より2000人程増え、過去最多となった事が厚生労働省の調査で分かりました。 厚生労働省は毎年、敬老の日を前に、住民基本台帳を基に1 …

「認知症、閉じ込めなければ罪ですか」 JR認知症鉄道事故訴訟、遺族が救済拡大へ実名で講演

愛知県大府市で列車にはねられて死亡した認知症の男性(当時91歳)の遺族がJR東海から約720万円の賠償を求められた裁判で、家族に責任はないとした最高裁の逆転判決から約2年。 男性の長男は実名を公表して …

世田谷中町プロジェクト、日本初「認知症デザイン」最高評価受賞!!

東京都世田谷区中町に今年5月1日に開所した看護小規模多機能型居宅介護事業所「ナースケア・リビング世田谷中町」が、日本で初めて英国スターリング大学認知症サービス開発センターの認知症デザイン認証で最高評価 …

安全運転サポート車のロゴが決定!

6月30日、経済産業省は“安全運転サポート車”のロゴが決定したと発表しました。 安全運転サポート車とは、高齢者の事故防止に繋がるとされる先進技術を備えた乗用車の事です。 一般的に、加齢に伴い高齢者は交 …

アダルトグッズでお馴染みの“TENGA”が介護現場に参入!? 高齢者の性生活を高める取り組みを開始

介護サービス業を全国展開する株式会社「いきいきらいふ」が、大人向けグッズで知られている「TENGA」との協働を発表しました。 デイサービス店舗「いきいきらいふSPA」において『TENGA』を販売する等 …