ニュース

介護レクリエーション専門情報誌 が創刊!! 「介護レク広場.book」発売

投稿日:

Pocket

BCCの社内カンパニーで、レクリエーション介護士制度を手掛けるスマイル・プラスカンパニーは、介護レクリエーションに特化した情報誌「介護レク広場.book」を創刊、発売を開始しました。

介護レク広場.book」は、現場で使えることを目的に制作されたレクリエーション雑誌。今すぐ役に立ち、永久保存版としても長く使える一冊となっているそうです。

具体的には、クラフト、ゲーム、体操などの定番レクリエーションや、高齢者への声がけや進行の注意点などのテクニックも掲載されているとの事。

創刊号では、介護現場での悩みの一つであるレクリエーションのマンネリ化に注目し、アイディアが次々に浮かぶ発想法や、基礎生活を充実させるためのレクリエーションを紹介するなど、日常を楽しく過ごすためのヒントを数多く掲載したという。

同社は、この情報誌を通じて、一人でも多くの人々に介護レクリエーションの重要性を発信し、正しいレクリエーションの知識を届けたいとしています。

なお、この情報誌の発売は隔月発行(奇数月)で、価格は1,800円(税別)。

今後も、高齢者と介護者双方が、心を豊かに生活できる社会の実現を目指していくとの事です。

確かに、レクリエーションもマンネリ化してしまったりしますもんね。

一施設に一冊、是非とも欲しいものですね!!

 


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護職員のおよそ6割が「慢性的疲労」 長野県民連の調査で

長野県で県民連が、県内約900の事業所を対象にアンケートを行ったそうなのですが、41%が「疲れが翌日に残ることが多い」、15%が「休日でも回復せず、いつでも疲れている」と、介護施設で働く職員の56%が …

小規模福祉施設、スプリンクラー設置は未だ65% 対策に遅れ、設置費用がネックか

長崎市内の認知症高齢者グループホームで5人が死亡した火災を機に、2年前にスプリンクラーの設置が義務付けられた小規模の福祉施設のうち、対策を終えたのは全体の65・0%にとどまっていると総務省消防庁が発表 …

高齢者の救急搬送、8割が“転倒” 更にその内9割が室内で転倒

東京消防庁は10月12日、「救急搬送データからみる高齢者の事故」について発表しました。 2016年の交通事故を除いた日常事故による都内65歳以上の高齢者救急搬送人員は前年と比べて5.9%増の7万219 …

厚生労働省、インフルエンザ予防にマスク「推奨していない」!? 手洗い、うがい、加湿が大事!!

インフルエンザウイルスは感染力が高く、予防にはウイルスになるべく触れないことが重要です。 厚生労働省は、体調に不安がある場合は人混みを避けるほか、外出後は手洗いとうがいをするよう呼びかける一方、マスク …

「介護職を辞めたい」2年で1.5倍に・・・ やはり低賃金がネックな模様

月給制で働く介護職員の14%が介護の仕事を辞めたい!? 介護職員らの労働組合「日本介護クラフトユニオン」の調査で、そんな結果が出たそうです。 これは、2年前の前回調査から1.5倍近く増える結果となって …