ニュース

介護ロボ導入で人員基準を緩和の政府構想、相次ぐ慎重論

投稿日:

Pocket


今年の成長戦略の方針として、政府は次期改定の際に、介護報酬や人員・設備基準の見直し等制度上の対応を行うとしています。

ロボットやセンサー、ICTなどの新たな技術を駆使した機器を上手く取り入れる事が出来れば、介護職員の負担軽減や働く環境の改善、人手不足の解消、サービスの質の向上に繋げられると見込んでいるようです。

厚労省は現在、特養や老健など40施設で効果をチェックする事業を行っているそうです

試しているのは見守りの機器と移乗介助の機器で、今月中には実証を終え、結果を取りまとめるステップに移るのだそう。

秋に提示する具体策は、この結果をエビデンスとして立案する計画なので、主に見守りの機器と移乗介助の機器を対象としたメニューになる見通しで、それ以外のタイプについては、2021年度の改定を視野に引き続き検討されることになるようです。
 
日本医師会の鈴木邦彦常任理事は「もともと少ない職員をさらに減らすのは困難だ」としていて、ロボット等の導入と人員基準を結びつける構想に否定的なスタンスをとったのだとか。

日本看護協会の齋藤訓子副会長も「負担を軽減できる業務はあるが、安全管理など新たに発生する業務もあるはず。ロボットやセンサーを入れれば少ない人員でよいかというと、必ずしもそうではない」と指摘。

全国老人福祉施設協議会の瀬戸雅嗣理事は「今はまだ効果を検証している段階。報酬や人員基準の話をするのは時期尚早ではないか」と苦言を呈したそう。

日本介護福祉士会の及川ゆりこ副会長も「サービスを利用する高齢者の立場からみてどうか、という評価が重要」と釘を刺す形となりました。

最新機器の有効利用は勿論良い事ですが、ロボットがいれば人間は要らないのかと言われれば当然そんなことは無いですからね(^_^;)


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

身近な人が認知症になった時の対応をゲームで学ぼう! 大学生が制作、無料公開

身近な人が認知症になった時、戸惑わずに適切な対応ができるようにと、愛知県にある日本福祉大学社会福祉学部の学生たちが2種類のゲームをつくり、インターネット上で無料公開しています。 子どもから大人まで楽し …

認知症「怖くないよ」 認知症の当事者が“認知症”語る

沖縄県内に住む若年性認知症の当事者の活動を報告する講演会がで開かれました。 若年性認知症の診断を受けながらも、自らに合った居場所で、働きながら生き生きと過ごしている様子が発表されました。 うるま市の男 …

介護施設の整備基金“地域医療介護総合確保基金”、人材不足でほぼ使われず 利用額は未だ16%

「介護離職ゼロ」を目指し、特別養護老人ホーム等を全国で整備しようと、政府が2015年度補正予算に計上した「地域医療介護総合確保基金」。 その基金約1406億円のうち、17年度までの2年間で使われたのは …

福岡で「高齢者の症状に合わせた車いすシーティングセミナー」開催

10月28日、日本通所ケア研究会が福岡市にて「高齢者の症状に合わせた車いすシーティングセミナー」を開催します。 このセミナーは、介護現場の高齢者に合わせた姿勢の具体的な整え方や適切なシーティング術を体 …

社会保障の仕組み変更、医療・介護の負担が増えます・・・ 

8月1日から社会保障の仕組みが変わります。 特に一定の所得がある高齢者は、医療と介護サービスの自己負担額の上限が共に引き上げられます。 医療は70歳以上が対象で、外来医療費の負担上限が月2千円アップし …