ニュース

介護ロボ導入で人員基準を緩和の政府構想、相次ぐ慎重論

投稿日:

Pocket


今年の成長戦略の方針として、政府は次期改定の際に、介護報酬や人員・設備基準の見直し等制度上の対応を行うとしています。

ロボットやセンサー、ICTなどの新たな技術を駆使した機器を上手く取り入れる事が出来れば、介護職員の負担軽減や働く環境の改善、人手不足の解消、サービスの質の向上に繋げられると見込んでいるようです。

厚労省は現在、特養や老健など40施設で効果をチェックする事業を行っているそうです

試しているのは見守りの機器と移乗介助の機器で、今月中には実証を終え、結果を取りまとめるステップに移るのだそう。

秋に提示する具体策は、この結果をエビデンスとして立案する計画なので、主に見守りの機器と移乗介助の機器を対象としたメニューになる見通しで、それ以外のタイプについては、2021年度の改定を視野に引き続き検討されることになるようです。
 
日本医師会の鈴木邦彦常任理事は「もともと少ない職員をさらに減らすのは困難だ」としていて、ロボット等の導入と人員基準を結びつける構想に否定的なスタンスをとったのだとか。

日本看護協会の齋藤訓子副会長も「負担を軽減できる業務はあるが、安全管理など新たに発生する業務もあるはず。ロボットやセンサーを入れれば少ない人員でよいかというと、必ずしもそうではない」と指摘。

全国老人福祉施設協議会の瀬戸雅嗣理事は「今はまだ効果を検証している段階。報酬や人員基準の話をするのは時期尚早ではないか」と苦言を呈したそう。

日本介護福祉士会の及川ゆりこ副会長も「サービスを利用する高齢者の立場からみてどうか、という評価が重要」と釘を刺す形となりました。

最新機器の有効利用は勿論良い事ですが、ロボットがいれば人間は要らないのかと言われれば当然そんなことは無いですからね(^_^;)


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ソニーが「アイボ」を老人ホームに導入、心身状態の改善効果を“バイタリティーインデックス”で検証

ソニーグループの介護事業を手がけるソニー・ライフケアが、介護付有料老人ホームなどで高齢者の日常生活に癒やしをもたらすロボットセラピーの提供を始めたそうです。 ソニーの犬型ロボット「aibo(アイボ)」 …

祖母の失念で男児死亡・・・ 認知症方が起こした事件にはどんな刑罰が?

8月2日、仙台市の民家の駐車場に停められた乗用車内で、3歳の男児がぐったりした状態で見つかり、病院で死亡が確認された事件がありました。 死因は熱中症の可能性が高いとされています。 祖母が車内に男児がい …

福島県で介護施設ばかりを狙った連続窃盗事件・・・

福島県いわき市内で、介護施設ばかり狙った窃盗事件が相次いでいるそうです。 福島県いわき市のある介護施設に取り付けられた防犯カメラには、顔を隠した2人組が施設内を物色する様子が捉えられていたそう。 警察 …

介護職員の4割が有給取れず・・・ 人手不足で有給申請を認めてもらえない例も

介護職員の4割が有給休暇をほとんど取得できていない実態が、介護職員らでつくる労働組合「日本介護クラフトユニオン」の調査で分かりました。 現場の人手不足などが原因とみられ、関係者は労働環境の改善などを求 …

入所者に「くそじじい」 介護施設職員が暴言で、市が改善要求 

滋賀県守山市の介護老人福祉施設で、男性職員が入所者に暴言を吐くなど不適切な行為を繰り返していたとして、施設を運営する法人に対し高齢者虐待防止法に基づき、改善を求める通知を出していた事が分かりました。 …