ニュース 事件

介護中に腰骨を挫傷で元職員が理事長兼施設長を提訴

投稿日:

Pocket

前橋市の障害者支援施設に勤務していた元職員の40代男性が10月27日、入所者の介護中、腰骨挫傷を起こしたのは施設を経営する社会法人や施設長が必要な労働環境整備を怠ったのが原因として、前橋地方裁判所に民事損害賠償請求を提起したのだそうです。

訴状によると、男性は平成27年1月下旬、夜勤で女性職員と入所者約40人のおむつ交換や着替えを行い作業中に腰を痛めたのだそう。

骨挫傷で全治3カ月と診断され、連続歩行や連続座位ができないなどの後遺症が出で職場をやめざるを得なかったという事です。

業務統括の立場にあったとして施設を経営する社会福祉法人とその理事長兼施設長に対し約1699万円の損害賠償を求めているそうです。

男性は「きつい、汚い、危険といわれる介護の現場には熱意を持って働いている人もいる。ただ、腰痛で自主退職せざるを得ない人も多い。私と同じ思いをさせたくない」と語ったそうです。

理事長は「訴状の内容を確認し適切に対処したい」としているとの事です。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース, 事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

昔の暮らし再現で高齢者の認知症症状を緩和する試み 京都の特養で

京都デザイン協会所属のデザイナーが協力して、高齢者の認知症症状を緩和する試みが、京都市内の特別養護老人ホームで進められているそうです。 「おくどさん」など、高齢者に昔の暮らしを思い起こさせる空間を施設 …

70代男性が肺炎で死亡、原因は肺炎球菌の予防接種の可能性 国が認めるのは初

宮崎県都城市が、市内の70代男性が2015年、市が実施した肺炎球菌の定期予防接種を受けた後に間質性肺炎のため死亡した、と明らかにしました。 国は「予防接種のワクチンが関与した可能性が否定できない」とし …

90代認知症女性が病院で介護士に性的虐待、怒りの提訴へ

平成27年10月に大阪府内の病院で入院中の90代の女性が男性職員に猥褻な行為をされたと、病院と職員に慰謝料200万円を求め、今年5月、大阪地裁に訴訟を起こしたのだそうです。 対する職員は聞き取りに対し …

平成29年度「心豊かに歌う全国ふれあい短歌大会」作品募集のご案内、のご案内

宮崎県社会福祉協議会では、介護や支援を受けている60歳以上の高齢者と高齢者の介護を行なっている家族や施設職員、ボランティア、医療・介護を学んでいる学生の方々を対象に短歌を募集中です!! この短歌大会は …

特養での“看取り”で介護報酬上乗せする方針、厚労省が発表

厚生労働省は11月15日の社会保障審議会で、特別養護老人ホームが医療提供体制を充実させた場合に報酬を上乗せする方針を示しました。 入所者の医療ニーズに応えるとともに、人生の最期を安心して迎えられるよう …