ニュース

介護士向けの “寝たきりさん“用整体DVD発売で座れる!立てる!!歩ける!!!

投稿日:

Pocket

ゴマブックス株式会社から“護従事者のための「寝たきりさん」が 座れる整体 立てる整体 歩ける整体”というDVDが発売されました。

このDVDは、訪問介護従事者、ヘルパー、専門知識のない介護者にも分かり易く編集してあって、寝たきりの人が体操や整体によって症状を少しずつ改善しながら、無理せずに取り組める内容となっているそうですよ!

“介護従事者のための「寝たきりさん」が 座れる整体 立てる整体 歩ける整体”では、寝たきりの人が、座れる・立てる・歩ける、の3ステップで歩く事が出来るように体系化し、3枚のDVDにまとめてあるそうです。




●座れる整体DVD                             「寝たきりさん」に必要なのは、まずは上半身を起こせるようになることです。そのためには、仙腸関節(ここは座った時に背骨から落ちてくる体重が左右に分岐する部分です。)が固まっていると、体重を左右に分散させられないので安定して座っていることができません。 ですから、この仙腸関節の動きをつけるのが座るための絶対必要条件になります。かと言って「寝たきりさん」ですから無理はかけられません。 そこで、ピッタリなのが「モゾモゾ体操」です。「モゾモゾ体操」は3つの体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)の生成循環を促進し、健康になる方法として、どなたでもできる方法です。 その誰でもできる方法で効果が高いやり方を「寝たきりさん」に応用していきます。

●立てる整体DVD
「寝たきりさん」がベッドまたは椅子に座れるようになったら、次に願うことは立ってみたいということです。その時に必要なのが股関節・腰仙関節・尾骨です。広義の骨盤は股関節や腰仙関節も含まれます。ですから、股関節や腰仙関節も動きがつくと骨盤が安定するので立ちやすくなるわけです。また、尾骨はバランスを取る役割を果たしています。そこで、尾骨を若い頃のように正しい位置に近いところにむかって誘導できると立ちやすくなります。「寝たきりさん」が立つためには、股関節や腰仙関節を緩め、尾骨を正常な位置に近づけることが、絶対必要条件になります。          「立てる整体」のゴール
「寝たきりさん」が、自分の足で立てることをゴールとしています。もちろん、テーブルに捕まって立つ状態で構いません。

●歩ける整体DVD
「寝たきりさん」が、立てるようになったら、『歩きたいな…』と思うのは自然の流れです。この段階では「脛腓関節」と「足首」が動くかどうかと、「歩くための筋肉」がしっかり動くかどうかが大切になってきます。この「歩ける整体」では、「「寝たきりさん」が歩けるようになるために!」という目的のもと、それが実現しやすい順に沿って解説していきます。
「歩ける整体」のゴール
「寝たきりさん」が、自分の足で自宅のトイレまで歩けることをゴールとしています。まずは、1歩から始め、介護者が腰紐を持って介護しつつ、歩くところからスタートできたらいいなと思い製作しています。最初の5歩が歩けたら後は練習すれば歩けるようになります。転ばない対策をしっかりした上で、自分の足で歩ける幸せを感じていただきたいと思っています。




という内容のようですよ!

高齢者施設なんかなら、歩く、まで求めなくとも、ちょっとした機能訓練を兼ねたレクリエーションとしても使えそうですね


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

埼玉県入間市、認知症高齢者の徘徊対策で“爪Qシール”

埼玉県入間市は認知症の高齢者の徘徊対策として、QRコードを印刷したシールを2016年11月から該当する高齢者に無償配布しています。 “爪Qシール”と呼ばれるこのシールは縦横1センチメートル角ほどで、手 …

“認知症当事者の視点での施策”“ネット上の曖昧な認知症情報への対策”を国立長寿医療研究センターが厚労相に提言

今後の認知症施策の方向性を検討する国立長寿医療研究センターの「認知症医療介護推進会議」は今月、提言をまとめ、厚生労働相に提出したそうです。 同会議は、認知症関連の学会や医療、介護関係団体の代表者らで構 …

息子(80)の面倒を見る為に、同じ高齢者施設に入所した母(98)!?イギリスでの出来事

「いくつになろうが親にとっては子は子」と言われます。 イギリスであるおばあちゃんが息子にした事が大きなニュースとなっているようです。 なんと、高齢でありながら我が子の面倒を見るために、息子がいる高齢者 …

“モフトレ”で介護者の負担減&高齢者の自立支援!?

今日8月4日、Moff、三菱総合研究所、早稲田エルダリーヘルス事業団は、IoTを活用した高齢者の自立支援サービス“モフトレ”の提供を開始しました。 このモフトレというのは、3Dモーションを計測できる腕 …

「裁判所が泣いた介護殺人事件」が舞台化、各地で公演

2006年京都、介護疲れと生活苦から悲しい殺人事件が起きました。 この事件を題材に、認知症と介護の問題を問いかける社会派舞台「生きる」が2017年11月〜7月まで東京・埼玉・神奈川・広島の各地で公演と …