ニュース

介護業界へ入職のハードル下げる??全国共通の入門研修制度創設へ

投稿日:

Pocket

昨日、厚生労働省は、介護現場の深刻な人手不足を補う為、介護の経験がない人を対象にした全国共通の入門研修制度を創設する方針を決めめた、というニュースが飛び込んできました。

今までは一部自治体で独自の研修を実施していたりしたそうですが、如何せん内容にばらつきがあり、統一した制度を求める声が出ていたとの事。

来月の8月中に社会保障審議会の専門委員会に制度案を提示して、2018年度の導入を目指すのだそう。

この入門研修は、初任者研修と無資格者の間に位置づけられ、初任者研修(130時間)よりも短い30~40時間程度を検討しているそう。

介護保険の概要、着替えやトイレへの移動の介助、緊急時の対応等、介護に関する最低限の知識と技術を学ぶ事が出来るのだとか。

研修修了者は、主に施設で簡単な介助や補助的な業務を担い、その分、介護福祉士らが、認知症介護等の専門性の高い仕事に専念できるようにしていきたいらしいです。

また、研修修了者がその後キャリアアップの為に初任者研修を受ける際には、科目の一部を免除する考えだそう。




介護の現場は慢性的に人手不足であり、団塊の世代が全て75歳以上になる2025年度には、およそ38万人足りなくなると推計されています。

厚労省はこの入門研修により、高齢者や女性らが介護労働に参加するハードルを下げ、人手不足の解消を目指すのだそう。

さぁて、入門研修制度でどれだけ人手不足が解消されますかねぇ、フフフ・・・






介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

岐阜県の特養で29人がインフルエンザ集団感染、死亡者も

岐阜県の特別養護老人ホームでインフルエンザの集団感染が発生しているそうです。 90代の入所者の男性の死亡者も出てしまっているとの事です。 岐阜県によると、岐阜県八百津町の「特別養護老人ホーム敬和園」で …

京都の若手僧侶達が中心となって“認知症の駆け込み寺”目指す

京都の若手僧侶達が認知症対策の拠点として寺院を活用しようと、プロジェクトチームを結成したそうです。 全国各地にあって、尚且つ高齢者との接点が多い寺院を一種の社会基盤と考え、その強みを生かし認知症に悩む …

仕事にストレスを感じる要因、1位は“仕事の質・量” 厚労省が発表

仕事に強いストレスを感じている人は59.5%にのぼる事が、厚生労働省が2017年9月7日に発表した「2016年 労働安全衛生調査」でわかりました。 労働者のストレスの原因の一つとして、人手不足による1 …

介護付き高齢者スナック、女性介護士「ママ」に高齢者向け特化の設備が充実

異色の飲食店、「介護付き高齢者スナック Go To Heaven」。 開店以来、75歳以上の男性客で賑わっているという。 今年1月にオープンした店を切り盛りするのは、ママで介護士の富澤綾子さん(24) …

認知症でも運転を止めない方は3割

情報サイト「認知症ONLINE」を運営するウェルクスが、認知症の介護経験者100名を対象に、自動車運転に関するアンケート調査を実施し他との事、その結果をご紹介します。 調査結果によると、認知症の兆候が …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細