ニュース

仕事にストレスを感じる要因、1位は“仕事の質・量” 厚労省が発表

投稿日:

Pocket

仕事に強いストレスを感じている人は59.5%にのぼる事が、厚生労働省が2017年9月7日に発表した「2016年 労働安全衛生調査」でわかりました。

労働者のストレスの原因の一つとして、人手不足による1人あたりの業務負荷が高まっている事があげられています。

ストレスの原因は、「仕事の質・量」が53.%と最多。

「仕事の失敗、責任の発生など」が38.5%、セクハラ・パワハラを含む「対人関係」が30.5%と続くそうです。

その一方で、メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は56.6%だそう。

労働者50人以上の事業所では8割を超えていたそうですが、30~49人は62.5%、10~29人は48.3%と、規模の小さな事業所ほど実施率が低いそうです。

メンタルヘルス対策を実施している事業所のうち、調査票等を用いてストレスチェックを行った事業所は62.3%だった。

また、受動喫煙の実態について調査したところ、職場での受動喫煙がある労働者が34.7%で、そのうち37.1%が不快に感じることや体調が悪くなることがあると答えているのだそうですよ。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護ロボ導入で人員基準を緩和の政府構想、相次ぐ慎重論

今年の成長戦略の方針として、政府は次期改定の際に、介護報酬や人員・設備基準の見直し等制度上の対応を行うとしています。 ロボットやセンサー、ICTなどの新たな技術を駆使した機器を上手く取り入れる事が出来 …

身近な人が認知症になった時の対応をゲームで学ぼう! 大学生が制作、無料公開

身近な人が認知症になった時、戸惑わずに適切な対応ができるようにと、愛知県にある日本福祉大学社会福祉学部の学生たちが2種類のゲームをつくり、インターネット上で無料公開しています。 子どもから大人まで楽し …

ALS治療に腰痛薬が効く!?徳島大が治験開始

徳島大学は11月7日、運動神経が侵される難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の治療薬の治験を始めたと発表、既に神経痛や腰痛の薬として使われている「メコバラミン」で治療効果を確かめるとの事で、3年半程で …

“耳が遠い”で認知症のリスクが1.6倍増!?

先月、最も評価の高い世界五大医学雑誌の一つとされているLancet(ランセット)に、認知症の予防や治療等に関する最新の知見をまとめた論文が掲載されたそうです。 その論文では、“難聴”が認知症のリスクと …

神戸市、認知症高齢者事故に公費で給付金 全国初の救済制度導入へ

認知症と診断された高齢者らが起こした交通事故などの被害賠償をめぐり、神戸市は、公費から給付金を出す全国初の救済制度を導入する方針を決め、18日の有識者会議で制度案を含む条例案を報告しました。 市は条例 …