ニュース 事件

入所者に「くそじじい」 介護施設職員が暴言で、市が改善要求 

投稿日:

Pocket

滋賀県守山市の介護老人福祉施設で、男性職員が入所者に暴言を吐くなど不適切な行為を繰り返していたとして、施設を運営する法人に対し高齢者虐待防止法に基づき、改善を求める通知を出していた事が分かりました。

施設によると昨年12月、男性職員が入所者の男性に「くそじじい」などと暴言を吐いたり、本人や家族に無断でベッドに柵を設けたりしていたそう。

職員は施設の聞き取りに「イライラして言ってしまった」と述べ、男性や家族に謝罪したという。

市は、一連の言動や行為が虐待にあたるとして、今年3月に施設を運営する同県野洲市の医療法人に改善を求めています。

市によると昨年12月、市介護保険課に「施設で入所者虐待がされている」との相談があったのだそう。

調査した結果、認知症の入所者に対し、職員が「うっとうしい」「くそじじい」などの暴言を吐いたり、入所者や家族に無断でベッドに柵を付け、出られないようにしたりするなどの行為が確認されたようです。

それぞれ心理的虐待と身体を拘束する虐待に当たると判断し、施設運営に関する改善計画書の提出を求めています。

施設は4月下旬、市に改善計画書を提出し、入所者や家族に謝罪したと説明。

市は計画書に基づき、職員の教育や適切な運用がなされているか、定期的に施設を訪問して確認しているようです。

一方、県医療福祉推進課の担当者は「市の報告を待って、県の再調査や処分を判断する」と話しています。

入所者の関係者は「一部の職員による虐待行為は、日常的に行われていた」と話しているそう。

市が確認した虐待行為以外にも、“便が付着した状態で食事をさせる”、“尿漏れでズボンが汚れても着替えさせず、車椅子に座らせる”“食事介護中に「はよ口開け」などと暴言を吐かれる”など、入所者の人権を無視した行為もあったという。

関係者は「虐待の事実が伝えられ、入所者が安全に暮らしていけるようになってほしい」と訴えているそう。

利用者さんに対する暴言、正直気持ちは分からんでもないですけどね・・・

ただ、便汚染・尿汚染に関してはちょっと残念に思います。

柵について言えば完全な拘束行為ですしね・・・

まぁ、被害にあった男性入所者の普段の様子等が分からないので、案外同情の余地もあるケースだったりするかもですかね。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース, 事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

電動アシスト歩行器で、坂道でも安心・快適!!!

  歩行器にも電動アシスト機能がついている事、知っていますか? パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格ISO 13482の認証を取得もしている電動アシスト歩行器を生活支援ロ …

介護を受けるときの為に“局部脱毛”する女性が急増中!!

将来自分が介護される時に備えて、局部等の永久脱毛をしておきたい、と考え、アンダーヘアなどを整える「介護脱毛」を始める中高年女性が急増しているのだそうな。 医療脱毛専門院「リゼクリニック」が40~50代 …

京都の病院で結核集団感染 職員も感染、死亡者も

京都市にある宮崎神経科嵯峨病院が、院内で結核の集団発生があったと発表しました。 入院患者1人が死亡したほか、患者19人と職員1人が感染し、うち患者8人が発病したそうです。 入院患者の70代の男性が10 …

結婚すると認知症発症のリスクが減る!?およそ40%のリスク低減も

結婚する事で認知症リスクが低減する可能性があるとした研究論文が発表されました。 80万人以上のデータを対象とした今回の研究によると、生涯独身の人は、アルツハイマー病やその他の認知症にかかるリスクが約4 …

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”、およそ半数が認知機能回復

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”と判定された在宅の高齢者を4年間追跡したところ、半数近くは正常な認知機能を回復したとの研究を、国立長寿医療研究センターのチームがまとめ、米医学誌に発表 …