ニュース 事件

入所者に「くそじじい」 介護施設職員が暴言で、市が改善要求 

投稿日:

Pocket

滋賀県守山市の介護老人福祉施設で、男性職員が入所者に暴言を吐くなど不適切な行為を繰り返していたとして、施設を運営する法人に対し高齢者虐待防止法に基づき、改善を求める通知を出していた事が分かりました。

施設によると昨年12月、男性職員が入所者の男性に「くそじじい」などと暴言を吐いたり、本人や家族に無断でベッドに柵を設けたりしていたそう。

職員は施設の聞き取りに「イライラして言ってしまった」と述べ、男性や家族に謝罪したという。

市は、一連の言動や行為が虐待にあたるとして、今年3月に施設を運営する同県野洲市の医療法人に改善を求めています。

市によると昨年12月、市介護保険課に「施設で入所者虐待がされている」との相談があったのだそう。

調査した結果、認知症の入所者に対し、職員が「うっとうしい」「くそじじい」などの暴言を吐いたり、入所者や家族に無断でベッドに柵を付け、出られないようにしたりするなどの行為が確認されたようです。

それぞれ心理的虐待と身体を拘束する虐待に当たると判断し、施設運営に関する改善計画書の提出を求めています。

施設は4月下旬、市に改善計画書を提出し、入所者や家族に謝罪したと説明。

市は計画書に基づき、職員の教育や適切な運用がなされているか、定期的に施設を訪問して確認しているようです。

一方、県医療福祉推進課の担当者は「市の報告を待って、県の再調査や処分を判断する」と話しています。

入所者の関係者は「一部の職員による虐待行為は、日常的に行われていた」と話しているそう。

市が確認した虐待行為以外にも、“便が付着した状態で食事をさせる”、“尿漏れでズボンが汚れても着替えさせず、車椅子に座らせる”“食事介護中に「はよ口開け」などと暴言を吐かれる”など、入所者の人権を無視した行為もあったという。

関係者は「虐待の事実が伝えられ、入所者が安全に暮らしていけるようになってほしい」と訴えているそう。

利用者さんに対する暴言、正直気持ちは分からんでもないですけどね・・・

ただ、便汚染・尿汚染に関してはちょっと残念に思います。

柵について言えば完全な拘束行為ですしね・・・

まぁ、被害にあった男性入所者の普段の様子等が分からないので、案外同情の余地もあるケースだったりするかもですかね。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース, 事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アダルトグッズでお馴染みの“TENGA”が介護現場に参入!? 高齢者の性生活を高める取り組みを開始

介護サービス業を全国展開する株式会社「いきいきらいふ」が、大人向けグッズで知られている「TENGA」との協働を発表しました。 デイサービス店舗「いきいきらいふSPA」において『TENGA』を販売する等 …

リクルートが介護のムック本を出版!! 様々なエピソードで介護業界のイメージアップを

(株)リクルートキャリアが、介護業界のイメージアップに向けたムック本を出版しました。 介護職と利用者のエピソードを紹介するとともに、ICT(情報通信技術)活用の実例についても掲載しているそうです。 表 …

ビールを飲んで肥満&認知症を予防!?キリン研究で解明

ビールの醸造過程で原料のホップから出る苦味成分に、肥満でリスクが高まる認知機能低下を改善する効果がある事をキリンホールディングス傘下の健康技術研究所が解明したと、ロンドンで開催した国際アルツハイマー病 …

「裁判所が泣いた介護殺人事件」が舞台化、各地で公演

2006年京都、介護疲れと生活苦から悲しい殺人事件が起きました。 この事件を題材に、認知症と介護の問題を問いかける社会派舞台「生きる」が2017年11月〜7月まで東京・埼玉・神奈川・広島の各地で公演と …

ファンケル、認知症の予防に効く“香り”を開発!!

10月23日、ファンケルは「日本味と匂学会第51回大会」にて、認知症予防も期待できる記憶力に効果的な2種類の香りを開発したと発表したそうです。 香りの成分「テルピネオール」「カンファー」「1,8シネオ …