ニュース

小規模福祉施設、スプリンクラー設置は未だ65% 対策に遅れ、設置費用がネックか

投稿日:

Pocket

長崎市内の認知症高齢者グループホームで5人が死亡した火災を機に、2年前にスプリンクラーの設置が義務付けられた小規模の福祉施設のうち、対策を終えたのは全体の65・0%にとどまっていると総務省消防庁が発表しました。

対策の遅れの背景には多額の費用負担があるとみられ、改正消防法施行令が定める設置期限(来年3月末)での対策完了は見通せない状況となっています。




長崎市のグループホーム火災は2013年2月に発生したもので、施設の防火体制に不備があった他、所管する行政の部署間で情報が共有されていなかった事等の問題がこの事故で表面化しました。

消防庁は15年4月に消防法施行令を改正し、延べ床面積275平方メートル以上の施設に義務付けていたスプリンクラーの設置を、小規模施設にも拡大。

小規模の乳児院や障害者施設、特別養護老人ホーム等も対象となり、既存の建物への設置期限は18年3月末とされています。

ですが、小規模の福祉施設での設置は遅れており、今回の調査では特に東京(25・8%)、大阪(38・2%)など施設数が多い大都市部で設置率が低かったのだそうです。

設置遅れの要因の一つは高額な工事費用とされています。

また、賃貸物件では工事を伴う設置にオーナーの理解が得られないケースもあるのだそう。




未実施の施設の多くは消防庁に設置の意向を示しており、来年3月末の設置率は全国平均で95・0%になる見通しだそうですが、実際の費用が高くて実施できないケースも予想され、見込みの設置率から大幅に下がる恐れもあるようです。

消防庁予防課は「利用者の命を守るため必要な措置。施設管理者は計画的に設置を進め、自治体は適切に指導してほしい」としています。

色々な問題があるのだろうとは思いますが、施設で働く介護士が命を扱っているのですから、施設側も命を守る為の設備をしっかり整える必要はありますよね。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

滋賀県高島市の特養に天皇陛下から御下賜金!

本日12月23日は天皇誕生日でしたね! 昨日、天皇誕生日を前に、滋賀県高島市の老人ホームに天皇陛下から御下賜金(ごかしきん)が贈られました。 御下賜金は、社会福祉事業の奨励のため、都道府県などから推薦 …

世田谷中町プロジェクト、日本初「認知症デザイン」最高評価受賞!!

東京都世田谷区中町に今年5月1日に開所した看護小規模多機能型居宅介護事業所「ナースケア・リビング世田谷中町」が、日本で初めて英国スターリング大学認知症サービス開発センターの認知症デザイン認証で最高評価 …

ALS治療に腰痛薬が効く!?徳島大が治験開始

徳島大学は11月7日、運動神経が侵される難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の治療薬の治験を始めたと発表、既に神経痛や腰痛の薬として使われている「メコバラミン」で治療効果を確かめるとの事で、3年半程で …

アダルトグッズでお馴染みの“TENGA”が介護現場に参入!? 高齢者の性生活を高める取り組みを開始

介護サービス業を全国展開する株式会社「いきいきらいふ」が、大人向けグッズで知られている「TENGA」との協働を発表しました。 デイサービス店舗「いきいきらいふSPA」において『TENGA』を販売する等 …

錠剤に極小センサーを埋め込んだ“デジタル錠剤”、大塚製薬が世界初承認 抗精神病薬エビリファイ(アリピプラゾール)にセンサー

米食品医薬品局(FDA)が、錠剤にごく小さなセンサーを埋め込んだ“デジタル錠剤”を承認したとの発表がありました。 医師の処方通りに患者が薬を飲んだかどうかを第三者が確認できるというもので、効果的な治療 …