ニュース

小規模福祉施設、スプリンクラー設置は未だ65% 対策に遅れ、設置費用がネックか

投稿日:

Pocket

長崎市内の認知症高齢者グループホームで5人が死亡した火災を機に、2年前にスプリンクラーの設置が義務付けられた小規模の福祉施設のうち、対策を終えたのは全体の65・0%にとどまっていると総務省消防庁が発表しました。

対策の遅れの背景には多額の費用負担があるとみられ、改正消防法施行令が定める設置期限(来年3月末)での対策完了は見通せない状況となっています。




長崎市のグループホーム火災は2013年2月に発生したもので、施設の防火体制に不備があった他、所管する行政の部署間で情報が共有されていなかった事等の問題がこの事故で表面化しました。

消防庁は15年4月に消防法施行令を改正し、延べ床面積275平方メートル以上の施設に義務付けていたスプリンクラーの設置を、小規模施設にも拡大。

小規模の乳児院や障害者施設、特別養護老人ホーム等も対象となり、既存の建物への設置期限は18年3月末とされています。

ですが、小規模の福祉施設での設置は遅れており、今回の調査では特に東京(25・8%)、大阪(38・2%)など施設数が多い大都市部で設置率が低かったのだそうです。

設置遅れの要因の一つは高額な工事費用とされています。

また、賃貸物件では工事を伴う設置にオーナーの理解が得られないケースもあるのだそう。




未実施の施設の多くは消防庁に設置の意向を示しており、来年3月末の設置率は全国平均で95・0%になる見通しだそうですが、実際の費用が高くて実施できないケースも予想され、見込みの設置率から大幅に下がる恐れもあるようです。

消防庁予防課は「利用者の命を守るため必要な措置。施設管理者は計画的に設置を進め、自治体は適切に指導してほしい」としています。

色々な問題があるのだろうとは思いますが、施設で働く介護士が命を扱っているのですから、施設側も命を守る為の設備をしっかり整える必要はありますよね。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

特養での“看取り”で介護報酬上乗せする方針、厚労省が発表

厚生労働省は11月15日の社会保障審議会で、特別養護老人ホームが医療提供体制を充実させた場合に報酬を上乗せする方針を示しました。 入所者の医療ニーズに応えるとともに、人生の最期を安心して迎えられるよう …

介護を行った平均期間は4年11か月、負担総額は546万円・・・

ご存知の通り、政府は“75歳年金受給開始”の導入に向けて検討を進めていますが、そうなると定年の65歳から75歳までの10年間は収入がなくなる事になります。 となると、もし身内が介護が必要となった場合に …

身近な人が認知症になった時の対応をゲームで学ぼう! 大学生が制作、無料公開

身近な人が認知症になった時、戸惑わずに適切な対応ができるようにと、愛知県にある日本福祉大学社会福祉学部の学生たちが2種類のゲームをつくり、インターネット上で無料公開しています。 子どもから大人まで楽し …

日本郵便が高齢者見守りサービスを開始!!

今日27日、日本郵便が高齢者向けの「みまもりサービス」の受付を8月7日から始めると発表しました。 郵便局員が高齢者の自宅を訪れて健康状態等を聞き、遠方の家族に月に1回メールで報告するというサービスだそ …

中国が高齢社会を懸念し日本と“介護実習生教育”で協力

超高齢化社会を迎える中国。 そんな中国の団体が、介護人材の不足に対応する為、介護実習生を受け入れる日本の団体と協力して人材育成を行うことで合意したそうです。 中国では約30年後の2050年に人口が14 …