ニュース

来年度の“介護保険改正”で要介護度引き下げも!?特養に入りたくても入れなくなるのに“待機老人”減少??

投稿日:

Pocket

今年5月に成立し、2018年4月に施行される「改正介護保険法」は、介護が必要な高齢者の「自立支援」や「要介護状態の重度化防止」を目玉としています。

介護保険利用者の「自立支援」という名目での「インセンティブ制度」の導入について、懸念の声も上がっています。

介護保険は、“利用者の要介護度が下がると事業者の収入が減る”というジレンマを背負っています。

つまり、“よくならないほうが儲かる”という事ですね。

その為、国は『自立支援を促す』というフレーズを掲げ、利用者の要介護度を下げた自治体や事業者には別途ボーナス(介護報酬の加算)を出すという制度を2018年4月から導入することにしたのです。




比較的安い料金で利用できる特別養護老人ホームは基本的に要介護度3以上の方しか入居できません。

現在要介護度3の人でも、この法改正で来年4月以降に要介護度2に下げられれば希望は叶わなくなってしまいます。

特養の順番待ちをしている“待機老人”は現在50万人以上とされています。

しかし、要介護度1~2の人は、特養に入りたくてもそもそも入居資格がないので“待機老人”には数えられていません。

その為、改正法によって数字上では“待機老人を減少させた”という成果が出てしまう可能性が高いようです。

要介護度1~2で介護サービスを利用しながら一人暮らしをする高齢者は少なくはありません。

独居の高齢者で、要介護度を実態より軽く判定されると、必要な介護サービスを受けられなくなる可能性もあります。

その結果、例えばデイサービスに行けなくなって閉じこもりがちになり認知症が急激に進む、なんて事も考えられると、専門家は懸念しているようです。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護業界へ入職のハードル下げる??全国共通の入門研修制度創設へ

昨日、厚生労働省は、介護現場の深刻な人手不足を補う為、介護の経験がない人を対象にした全国共通の入門研修制度を創設する方針を決めめた、というニュースが飛び込んできました。 今までは一部自治体で独自の研修 …

“適度な運動で認知症予防”は間違いだった!?最新の研究で新たな事実が!!

適度な運動が認知症予防に効果がある、なんて耳にした事、ありますよね。 実際、世界保健機関(WHO)でも、認知症を含む生活習慣病予防の為に2012年に「成人は週に2時間半以上の運動をするべきである」と推 …

“モフトレ”で介護者の負担減&高齢者の自立支援!?

今日8月4日、Moff、三菱総合研究所、早稲田エルダリーヘルス事業団は、IoTを活用した高齢者の自立支援サービス“モフトレ”の提供を開始しました。 このモフトレというのは、3Dモーションを計測できる腕 …

新モデル“混合介護”で生活支援多彩に!? 8月から東京・豊島区でモデル事業開始

介護保険サービスと家事など保険の適用を受けないサービスを組み合わせた「混合介護」が、今年8月から東京・豊島区で始まるそうです。 「混合介護」は、入浴介助などの介護保険サービスと、家事などの保険外サービ …

ふるさと納税の返礼品に“高齢者の見守り訪問”

ふるさと納税の返礼品に、市内で暮らす高齢者の安否等を確認する“見守り訪問”のサービスを福島県須賀川市が8月に加えるそうです。 寄付者が希望する高齢世帯を週1回、市が連携協定を結ぶ郡山ヤクルト販売のヤク …