ニュース

社会保障の仕組み変更、医療・介護の負担が増えます・・・ 

投稿日:

Pocket

8月1日から社会保障の仕組みが変わります。

特に一定の所得がある高齢者は、医療と介護サービスの自己負担額の上限が共に引き上げられます。

医療は70歳以上が対象で、外来医療費の負担上限が月2千円アップして1万4千円。

介護も一般的な所得の世帯で上がり、負担上限が月7200円増えて4万4400円になるそうです。

一方、年金では国民年金を受給するのに必要な加入期間が25年から10年に短くなります。

無年金者を減らす狙いで、約64万人が新たに受給対象となるそうです。

加入期間が10年の場合の基礎年金受給額は月約1万6千円だそう。

という事で、負担が増えますよ!!!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

中国が高齢社会を懸念し日本と“介護実習生教育”で協力

超高齢化社会を迎える中国。 そんな中国の団体が、介護人材の不足に対応する為、介護実習生を受け入れる日本の団体と協力して人材育成を行うことで合意したそうです。 中国では約30年後の2050年に人口が14 …

サービス付き高齢者向け住宅、5年間で125か所が廃業

倒産等で廃業した“サービス付き高齢者向け住宅”数が、2011~15年度の5年間で計125か所に上った事が、国土交通省が今年初めて実施した調査で判明したそうです。 廃業数は更に増加傾向にあり、国土交通省 …

アルツハイマー病に効く薬、iPS細胞で特定 治療につながると期待

認知症の内、最も多いのがアルツハイマー病。 そのアルツハイマー病で、患者の脳にたまる特定のたんぱく質を減らす効果がある薬を、京都大の研究グループが、患者らから作ったiPS細胞を使って特定したそうです。 …

高校生の5%が家族の介護、学業に支障も 大阪歯科大らの研究グループが“ヤングケアラー”について国内初調査

大阪の高校生の約20人に1人が、家族の介護や家事などの「ケア」を担っていることが、大阪歯科大医療保健学部らの研究グループによる大阪府内の高校生を対象に実施した調査で明らかになりました。 大人が担うよう …

介護資格保有の潜在人材、4割以上が「介護職として働きたい」、日本総研調査で

日本総研の調査によると、経験や資格はあるものの介護の仕事をしていない潜在的な介護人材の4割超が、「介護職として働きたい」と考えているのだそうです。 この調査は厚生労働省の委託事業で、今年1月にインター …