ニュース

“耳が遠い”で認知症のリスクが1.6倍増!?

投稿日:

Pocket

先月、最も評価の高い世界五大医学雑誌の一つとされているLancet(ランセット)に、認知症の予防や治療等に関する最新の知見をまとめた論文が掲載されたそうです。

その論文では、“難聴”が認知症のリスクとされており、仮に難聴になる人を完全に無くせたとしたら、認知症を今より9%も減らせると指摘したのだそう。

難聴、と聞いても他人事に感じられるかもしれませんが、聞こえに悩みを抱える人は少なくはなくて、およそ6人に1人が聴力に何らかの問題を抱えているんだとか。

50歳以上の1万5千人近くを調べたところ、中等度の難聴(普通の大きさの会話での聞き間違いや聞き取りにくさを感じる)がある人では、認知症のリスクが1.6倍になっていたそうです。

理由として、2つの可能性が指摘されています。




ひとつは、「社会的な孤立」。

難聴になると、人の声が聞き取りにくくなり会話が難しくなる為、周囲との関わりが減り易くなります。

過去の調査で、社会的に孤立した場合、コミュニケーションによる刺激が無い事や、精神的なストレス等によって認知症になりやすくなると指摘されています。




もうひとつは、「認知的な負荷」。

脳が音を理解する働きはとても複雑です。

例えば「こ?にちは」と聞こえたとき、“ん”という言葉が本当は聞こえていなくても、他の音や状況から判断して「“ん”に違いない」と脳が自動的に補ってくれますが、聴力が低下し聞き取れない音が増えると、脳はしょっちゅうこのような働きを行わなければならなくなります。

そこの部分の負担が大きくなる事で脳に他の働きをする余裕が減り、結果として全体的な認知能力が低下するのではないか、という事のようです。




難聴は突然なる事もありますが、ゆっくりと進んだ場合には自分で気がつけない事も多いのだそうです。

聴力が低下しても、補聴器の使用する等適切な対策によって周囲とのコミュニケーションを改善する事はできます。

そもそも認知症云々が無くても、日々の生活の質を高める為には難聴の早期発見、早期対策には意味があると考えられますしね(>_<)


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース

執筆者:


  1. careworker より:

    何が原因で認知になるか情報錯綜してるから混乱しますよね。
    ネタ発掘したからプレゼントしますね。

    あきすけさんとこ、従来型じゃないっすか。てことは当然認知の方いますよね。
    認知=アリセプトとかレミニールじゃないっすか。

    どうやら、認知症高齢者の介護職への暴力これが原因みたいですよ。
    二つとも精神を活性化させる副作用があるから色んな問題行動が出ちゃうみたいです。
    困ったちゃんいたらフロア会議で上げて、一時的に服薬中止してようすみるのも手ですよ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高齢者の“薬漬け”に対し、厚労省が薬服用に関する指針を作成 

高齢者が多くの薬を服用する、いわゆる“薬漬け”について、厚生労働省が、医師や薬剤師らを対象に服用の適正指針案をまとめたそうです。 国レベルで高齢者の内服薬に関する指針を作成するのは初めてとの事。 薬の …

介護福祉士養成校、留学生は倍増するも定員のおよそ半分しか人が集まらない・・・

今年4月入学の介護福祉士養成施設の定員充足率が前年と比べて1ポイント減の45.7%であったと、7月26日に日本介護福祉士養成施設協会が発表しました。 入学定員1万5891人に対する入学者は7258人で …

“介護ロボット”導入しても現場のニーズに合わず・・・ ロボットスーツも複数の業務の中では着け外しの時間無い

人材不足が深刻な介護現場で、職員の負担軽減につながると注目される「介護ロボット」。 当初は国や道の補助金も活用できた為導入が進んでいったのですが、現在では“持ち腐れ”となっている事業所も出てきているよ …

高齢者の救急搬送、8割が“転倒” 更にその内9割が室内で転倒

東京消防庁は10月12日、「救急搬送データからみる高齢者の事故」について発表しました。 2016年の交通事故を除いた日常事故による都内65歳以上の高齢者救急搬送人員は前年と比べて5.9%増の7万219 …

日本生命、AIスピーカー向けに“認知症予防脳トレ”を無料提供  

日本生命保険は14日、米アマゾン・コムの人工知能(AI)スピーカー「アマゾンエコー」向けに、認知症予防コンテンツ「ニッセイ脳トレ」の無料提供を20日から始めると発表しました。 介護職員の不足が指摘され …