ニュース

“耳が遠い”で認知症のリスクが1.6倍増!?

投稿日:

Pocket

先月、最も評価の高い世界五大医学雑誌の一つとされているLancet(ランセット)に、認知症の予防や治療等に関する最新の知見をまとめた論文が掲載されたそうです。

その論文では、“難聴”が認知症のリスクとされており、仮に難聴になる人を完全に無くせたとしたら、認知症を今より9%も減らせると指摘したのだそう。

難聴、と聞いても他人事に感じられるかもしれませんが、聞こえに悩みを抱える人は少なくはなくて、およそ6人に1人が聴力に何らかの問題を抱えているんだとか。

50歳以上の1万5千人近くを調べたところ、中等度の難聴(普通の大きさの会話での聞き間違いや聞き取りにくさを感じる)がある人では、認知症のリスクが1.6倍になっていたそうです。

理由として、2つの可能性が指摘されています。




ひとつは、「社会的な孤立」。

難聴になると、人の声が聞き取りにくくなり会話が難しくなる為、周囲との関わりが減り易くなります。

過去の調査で、社会的に孤立した場合、コミュニケーションによる刺激が無い事や、精神的なストレス等によって認知症になりやすくなると指摘されています。




もうひとつは、「認知的な負荷」。

脳が音を理解する働きはとても複雑です。

例えば「こ?にちは」と聞こえたとき、“ん”という言葉が本当は聞こえていなくても、他の音や状況から判断して「“ん”に違いない」と脳が自動的に補ってくれますが、聴力が低下し聞き取れない音が増えると、脳はしょっちゅうこのような働きを行わなければならなくなります。

そこの部分の負担が大きくなる事で脳に他の働きをする余裕が減り、結果として全体的な認知能力が低下するのではないか、という事のようです。




難聴は突然なる事もありますが、ゆっくりと進んだ場合には自分で気がつけない事も多いのだそうです。

聴力が低下しても、補聴器の使用する等適切な対策によって周囲とのコミュニケーションを改善する事はできます。

そもそも認知症云々が無くても、日々の生活の質を高める為には難聴の早期発見、早期対策には意味があると考えられますしね(>_<)


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース

執筆者:


  1. careworker より:

    何が原因で認知になるか情報錯綜してるから混乱しますよね。
    ネタ発掘したからプレゼントしますね。

    あきすけさんとこ、従来型じゃないっすか。てことは当然認知の方いますよね。
    認知=アリセプトとかレミニールじゃないっすか。

    どうやら、認知症高齢者の介護職への暴力これが原因みたいですよ。
    二つとも精神を活性化させる副作用があるから色んな問題行動が出ちゃうみたいです。
    困ったちゃんいたらフロア会議で上げて、一時的に服薬中止してようすみるのも手ですよ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護食“穴玉丼” 被災地の企業で女子大生考案、森永とコラボ

東日本大震災被災地の企業で職業体験をしたのをきっかけに、愛知県の女子大学生が、宮城県石巻市産のアナゴを使った介護食“穴玉丼”を考案し、あの大手企業、森永乳業が商品化しました!! 考案したのは愛知県にあ …

高齢者が光る!?反射材で夜間事故防止!

テレビ等では高齢者の運転事故ばかり取り上げられていますが、歩行者側として夜間帯に事故に巻き込まれる事も少なくありません。 認知症高齢者の徘徊等もありますからね。 そんな中、京都府長岡京市と向日町署は高 …

介護職員の処遇改善、「効果がよくみえない」 アウトカム評価の重要性も提言

社会保障審議会・介護給付費分科会で介護職員の処遇改善がひとつのテーマとなりました。 施策の効果が十分に出ているのか、実態がいまいちよく分からない、との声があがったそう。 厚生労働省は賃金の動向を探る調 …

認知症でも運転を止めない方は3割

情報サイト「認知症ONLINE」を運営するウェルクスが、認知症の介護経験者100名を対象に、自動車運転に関するアンケート調査を実施し他との事、その結果をご紹介します。 調査結果によると、認知症の兆候が …

桂歌丸さん、誤嚥性肺炎で入院 「息が吸えなくて死ぬかと思った」

落語家の桂歌丸さん(81)、誤嚥性肺炎だったそうです。 24日、東京都内で行われた「第11回芸協らくごまつり」の開会式に出席し、誤嚥性肺炎で22日まで入院していた事を明かしました。 関係者によると12 …