ニュース

自己負担2割に上がった利用者、介護サービスの利用中止が負担1割の利用者の約3倍に

投稿日:

Pocket

自己負担が1割から2割に上がった利用者のうち、1週間あたりの利用単位数の合計を減らした、あるいはサービスの一部を中止した人の割合は3.8%となっているそうです。

サービスを減らした2割の利用者に理由を聞くと、「支出が重い」が最多の35.0%。

1割の利用者(7.2%)の約5倍で、2割負担全体に占める割合は1.3%だった。





この調査は、厚生労働省から委託を受けた三菱UFJリサーチ&コンサルティングが今年の2月から3月にかけて行ったもので、対象は全国4000の居宅介護支援事業所で、担当のケアマネジャーが最大で8人の利用者について回答したようです。

1割負担の5427人、2割負担の3342人の状況を集計したそうで、自己負担が1割から2割となった利用者のうち、サービスのメニューや頻度を特に変えていない人は81.8%だったとの事です。




政府は今年8月から、相対的に所得の高い利用者に限って3割の自己負担を新たに導入するとしています。

現行で2割以上の負担を求められるのは、単身世帯の場合で年金などの収入が年間で280万円を超える利用者。

この対象をさらに広げていくべきだとの声が出ている一方で、利用者でつくる団体や野党は「利用抑制がさらに悪化してしまう」などと警戒感を強めており、来年から本格化する次の制度改正をめぐる論議の大きな焦点となりそうです。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

“適度な運動で認知症予防”は間違いだった!?最新の研究で新たな事実が!!

適度な運動が認知症予防に効果がある、なんて耳にした事、ありますよね。 実際、世界保健機関(WHO)でも、認知症を含む生活習慣病予防の為に2012年に「成人は週に2時間半以上の運動をするべきである」と推 …

新モデル“混合介護”で生活支援多彩に!? 8月から東京・豊島区でモデル事業開始

介護保険サービスと家事など保険の適用を受けないサービスを組み合わせた「混合介護」が、今年8月から東京・豊島区で始まるそうです。 「混合介護」は、入浴介助などの介護保険サービスと、家事などの保険外サービ …

介護職の退職理由1位は“人間関係”・・・ 「介護労働者の就業実態と就業意識調査」の結果が発表!

公益財団法人介護労働安定センターが、2017年度の「介護労働者の就業実態と就業意識調査」を発表しました。 調査は昨年の10月、介護保険サービス事業を実施する事業所で、介護にかかわる労働者のうちから無作 …

インフル後も鼻水が止まらない場合は実は“副鼻腔炎”!? 喘息を合併の危険も

インフルエンザや風邪をひいた後、他の症状が治まったのに鼻の不調だけが続くなら、副鼻腔炎かもしれませんよ!? 副鼻腔に炎症が起きて、鼻水や鼻づまりの症状が出るのが副鼻腔炎です。 副鼻腔炎の代表的な症状は …

京都のグループホームで施設長が利用者に暴言 市が高齢者虐待で初の行政処分

京都府京都市にある「グループホーム京都下京の家」で昨年、当時の施設長が利用者に暴言を吐き、施設側が改善策について虚偽の報告をしたそうです。 京都市は、施設を運営する医療法人社団「長啓会」に対し、新規利 …