ニュース

認知症でも運転を止めない方は3割

投稿日:

Pocket


情報サイト「認知症ONLINE」を運営するウェルクスが、認知症の介護経験者100名を対象に、自動車運転に関するアンケート調査を実施し他との事、その結果をご紹介します。

調査結果によると、認知症の兆候がある家族の運転を止めた経験が「ある」と回答したのは74.1%だったそうです。

そのうち「本人納得の上で中止してもらえた」は19.7%、「あまり納得はしていないが中止してもらえた」が28.1%、「鍵を隠す等、本人の納得なく中止した」が13%となり、運転を中止できている家族は合計6割以上という結果となったとの事。

さらに、運転を中止してもらえたと回答した人のうち、運転免許証を「自主返納した」は57.8%となっていますね!

一方、「本人が納得せず中止できない」の回答は28.9%。

運転を止めてもらえなかった例として、「主治医や警察官に相談したがやんわりとした言い方しかしてくれなかった」「返納したことを忘れてしまう」等が挙げられました。




認知症になっても、本人にはイマイチ実感が無かったり、「自分は大丈夫」という強い思いがあったり、認めたくない思いがあったり、様々な思いがあるのだろうと思います。

しかし、高齢の方だと認知症でなくても視力や聴力の衰えなんかも少なからずありますから、思い切って運転を止めるという決断も当然必要です。

とはいっても、地域によっては車が無ければ何も出来ない、なんて事もあるだろうとは思います。

車の変わりになる“足”を地域社会が準備したり、身内の協力も無くてはならないのだろうと思います(>_<)

この調査は100名を対象とされていますが、全国で見たら多分もっと増えるのだと思います。

まぁそもそも、認知症とはいえ、必ずしもみんなが介護を受けている訳ではありませんから・・・

 

↓簡単!4ステップでふるさと納税↓


介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

中国が高齢社会を懸念し日本と“介護実習生教育”で協力

超高齢化社会を迎える中国。 そんな中国の団体が、介護人材の不足に対応する為、介護実習生を受け入れる日本の団体と協力して人材育成を行うことで合意したそうです。 中国では約30年後の2050年に人口が14 …

100歳以上の高齢者、 6万7000人超で過去最多更新!最高齢は117歳

全国の100歳以上の高齢者は今月1日の時点で6万7000人余りと、去年より2000人程増え、過去最多となった事が厚生労働省の調査で分かりました。 厚生労働省は毎年、敬老の日を前に、住民基本台帳を基に1 …

介護食“穴玉丼” 被災地の企業で女子大生考案、森永とコラボ

東日本大震災被災地の企業で職業体験をしたのをきっかけに、愛知県の女子大学生が、宮城県石巻市産のアナゴを使った介護食“穴玉丼”を考案し、あの大手企業、森永乳業が商品化しました!! 考案したのは愛知県にあ …

介護職員のおよそ6割が「慢性的疲労」 長野県民連の調査で

長野県で県民連が、県内約900の事業所を対象にアンケートを行ったそうなのですが、41%が「疲れが翌日に残ることが多い」、15%が「休日でも回復せず、いつでも疲れている」と、介護施設で働く職員の56%が …

特養で全員にナースコール設置せず、虐待と認定 「虐待の認識無かった」と釈明

7月21日の今日、三重県伊賀市のある特別養護老人ホームが一部の入所者に対してナースコールを設置していなかった事を、市が高齢者虐待防止法に基づく虐待行為に当たると認定したと発表されました。 三重県による …