ニュース

身近な人が認知症になった時の対応をゲームで学ぼう! 大学生が制作、無料公開

投稿日:

Pocket

身近な人が認知症になった時、戸惑わずに適切な対応ができるようにと、愛知県にある日本福祉大学社会福祉学部の学生たちが2種類のゲームをつくり、インターネット上で無料公開しています。

子どもから大人まで楽しめ、「認知症の基礎を広く知ってほしい」との願いが込められています。

公開しているのは、「笑顔ですごそう~認知症のおじいちゃん・おばあちゃんへの声かけ~」と「キオク旅」の2作品。

今年度、「地域研究プロジェクト」を履修して認知症啓発を学んだ2年生が作り、イベントで子供達にも体験してもらって改良を重ねたのだそうです。

「笑顔ですごそう」は竹内なみさん(20)と佐竹真奈さん(20)の作品で、数分でできます。

主人公「なおちゃん」の祖父母は同じことを繰り返したり、季節が分からなくなったり。場面ごとにどんな声をかけるべきかを2~3の選択肢から選ぶというもの。

佐竹さんは、認知症の人にどう対応していいか分からずに戸惑った経験があったそうで、「身近な人が認知症になった時、子どもでも、ちゃんとコミュニケーションできるようになれたら」と。

竹内さんも、「ゲームで認知症が否定的ニュアンスにならないように、言葉遣いには細心の注意を払った」と話しています。

「キオク旅」は、宇井真輔さん(20)と奥田健人さん(20)ら男女4人で作った作品。

主人公は少年「ショーマ」で、認知症の症状が現れた「じいちゃん」に戸惑い、謎の少女を巡る何かの「記憶」をたどって様々な人たちと交流。

じいちゃんへの接し方を学び、自分に何ができるかを考えていくストーリー。

こちらの作品は最後まで進むと1時間半程度かかるのだそう。

宇井さんは「福祉課題に若者は興味を持ちにくい。面白いゲームを作ることで、楽しみながら認知症を知ってもらいたい」。

身内にも認知症の人がいて、「もう一度、ちゃんと向き合いたいと思うようになった」と話しています。

奥田さんは認知症を学び、誤解や偏見が間違った対応につながることが多いと感じていたそうで、「みんなで学んだたくさんのメッセージをゲームに込めました」。

 ゲームのURL

「笑顔ですごそう」http://handy.n-fukushi.ac.jp/rrpj/game2017/別ウインドウで開きます

「キオク旅」https://www.freem.ne.jp/win/game/16732別ウインドウで開きます

あきすけも実際にゲームしてみました。

介護職歴の長い人なら簡単だと感じる内容ではありましたが、認知症の人にかける言葉の言い回しなんかは参考になるものでした!

新人介護職員に施設内研修とかでやってもらったりするのもありかも!?


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

糖尿病治療が楽に!?血糖値に応じて自動的にインスリンを出せる新素材を開発

血糖値に応じて自動的にインスリンを出せる新素材を、名古屋大学と東京医科歯科大の研究チームが開発したとの発表がありました! 実用化すれば、患者の皮膚に貼るだけで糖尿病治療ができるようになるとしています。 …

介護職員の4割が有給取れず・・・ 人手不足で有給申請を認めてもらえない例も

介護職員の4割が有給休暇をほとんど取得できていない実態が、介護職員らでつくる労働組合「日本介護クラフトユニオン」の調査で分かりました。 現場の人手不足などが原因とみられ、関係者は労働環境の改善などを求 …

100歳以上の高齢者、 6万7000人超で過去最多更新!最高齢は117歳

全国の100歳以上の高齢者は今月1日の時点で6万7000人余りと、去年より2000人程増え、過去最多となった事が厚生労働省の調査で分かりました。 厚生労働省は毎年、敬老の日を前に、住民基本台帳を基に1 …

2016年度の労災申請が多い業種、一位は介護業

昨日6月30日、厚労省は2016年度の労災補償状況を発表しました。 これによると、過労や仕事による強いストレスが原因で精神障害を発症し、昨年度労災認定された件数は、過去最多の498件であったそうです。 …

富士フィルム開発中の認知症治療薬“T-817MA”、認知機能低下の進行を抑制する効果を確認!!

嬉しいニュースが飛び込んで来ました~! 富士フイルムが、軽度から中等度のアルツハイマー型認知症患者を対象とした開発中の治療薬“T-817MA”について、米国第2相臨床試験で、罹病期間が短い患者の認知機 …