ニュース

身近な人が認知症になった時の対応をゲームで学ぼう! 大学生が制作、無料公開

投稿日:

Pocket

身近な人が認知症になった時、戸惑わずに適切な対応ができるようにと、愛知県にある日本福祉大学社会福祉学部の学生たちが2種類のゲームをつくり、インターネット上で無料公開しています。

子どもから大人まで楽しめ、「認知症の基礎を広く知ってほしい」との願いが込められています。

公開しているのは、「笑顔ですごそう~認知症のおじいちゃん・おばあちゃんへの声かけ~」と「キオク旅」の2作品。

今年度、「地域研究プロジェクト」を履修して認知症啓発を学んだ2年生が作り、イベントで子供達にも体験してもらって改良を重ねたのだそうです。

「笑顔ですごそう」は竹内なみさん(20)と佐竹真奈さん(20)の作品で、数分でできます。

主人公「なおちゃん」の祖父母は同じことを繰り返したり、季節が分からなくなったり。場面ごとにどんな声をかけるべきかを2~3の選択肢から選ぶというもの。

佐竹さんは、認知症の人にどう対応していいか分からずに戸惑った経験があったそうで、「身近な人が認知症になった時、子どもでも、ちゃんとコミュニケーションできるようになれたら」と。

竹内さんも、「ゲームで認知症が否定的ニュアンスにならないように、言葉遣いには細心の注意を払った」と話しています。

「キオク旅」は、宇井真輔さん(20)と奥田健人さん(20)ら男女4人で作った作品。

主人公は少年「ショーマ」で、認知症の症状が現れた「じいちゃん」に戸惑い、謎の少女を巡る何かの「記憶」をたどって様々な人たちと交流。

じいちゃんへの接し方を学び、自分に何ができるかを考えていくストーリー。

こちらの作品は最後まで進むと1時間半程度かかるのだそう。

宇井さんは「福祉課題に若者は興味を持ちにくい。面白いゲームを作ることで、楽しみながら認知症を知ってもらいたい」。

身内にも認知症の人がいて、「もう一度、ちゃんと向き合いたいと思うようになった」と話しています。

奥田さんは認知症を学び、誤解や偏見が間違った対応につながることが多いと感じていたそうで、「みんなで学んだたくさんのメッセージをゲームに込めました」。

 ゲームのURL

「笑顔ですごそう」http://handy.n-fukushi.ac.jp/rrpj/game2017/別ウインドウで開きます

「キオク旅」https://www.freem.ne.jp/win/game/16732別ウインドウで開きます

あきすけも実際にゲームしてみました。

介護職歴の長い人なら簡単だと感じる内容ではありましたが、認知症の人にかける言葉の言い回しなんかは参考になるものでした!

新人介護職員に施設内研修とかでやってもらったりするのもありかも!?


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護レクリエーション専門情報誌 が創刊!! 「介護レク広場.book」発売

BCCの社内カンパニーで、レクリエーション介護士制度を手掛けるスマイル・プラスカンパニーは、介護レクリエーションに特化した情報誌「介護レク広場.book」を創刊、発売を開始しました。 「介護レク広場. …

外国人の技能実習生、複数人体制を条件に夜勤も行う方針

技能実習制度を通じた介護施設・事業所への外国人の受け入れが来月から解禁されますが、厚生労働省は9月29日、介護独自のルールをまとめた告示とその解釈を明らかにする通知、運用のガイドラインなどを公表しまし …

高校生の5%が家族の介護、学業に支障も 大阪歯科大らの研究グループが“ヤングケアラー”について国内初調査

大阪の高校生の約20人に1人が、家族の介護や家事などの「ケア」を担っていることが、大阪歯科大医療保健学部らの研究グループによる大阪府内の高校生を対象に実施した調査で明らかになりました。 大人が担うよう …

桂歌丸さん、誤嚥性肺炎で入院 「息が吸えなくて死ぬかと思った」

落語家の桂歌丸さん(81)、誤嚥性肺炎だったそうです。 24日、東京都内で行われた「第11回芸協らくごまつり」の開会式に出席し、誤嚥性肺炎で22日まで入院していた事を明かしました。 関係者によると12 …

“耳が遠い”で認知症のリスクが1.6倍増!?

先月、最も評価の高い世界五大医学雑誌の一つとされているLancet(ランセット)に、認知症の予防や治療等に関する最新の知見をまとめた論文が掲載されたそうです。 その論文では、“難聴”が認知症のリスクと …