ニュース

高齢者が光る!?反射材で夜間事故防止!

投稿日:

Pocket

テレビ等では高齢者の運転事故ばかり取り上げられていますが、歩行者側として夜間帯に事故に巻き込まれる事も少なくありません。

認知症高齢者の徘徊等もありますからね。

そんな中、京都府長岡京市と向日町署は高齢者の夜間事故を防ごうと、“開田弥生会老人クラブ”を、反射材着用促進モデルクラブに指定したそうです。

老人クラブとは、概ね60歳以上の方々で構成されている地域の自主的な組織です。

老人クラブの会員相互の話し合いによって活動内容を決めているそうで、友愛訪問や地域の清掃等の社会活動や、旅行等を含めた様々なレクリエーションをサークル活動として行っていたりするようです。

“開田弥生会老人クラブ”は会員約80人が活動していらっしゃるそうで、指定を受けて今後、反射材の効果事例や家庭、地域ぐるみで着用のPRを進めていくことになるそう。

モデル指定は鹿児島県などで実施例があるそうですが、京都府内では初の取り組みなんだそうですよ!




6月21日に反射材の交付式と交通安全教室も行われました。

交通安全教室では「夜間の安全ファッションショー」と題して反射材がついたコートやリュック、傘等を市職員と署員らが紹介!!

「あるのとないのとでは全然違う!!」

そんな驚きの声が上がっていたそうです。

歩行者の反射材使用については小さな子供なんかは身につけている事も多いのかな、と感じますが、なかなか大人になると率先して付けたりはしなくなりがちですよね(^_^;)

夜間の外出、というのは特養だとそうそうあるものではありませんが、超高齢社会ですから、高齢者の反射材着用ももっと広まっていけば良いですね!!

 

防災士厳選の防災グッズ36点セット


介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

服役中の認知症悪化で、刑務所内“介護”や認知症受刑者の出所後支援も大きな問題に

国は今年度から、受刑者の高齢化を受けて約30人の介護スタッフを全国の刑務所に配置したようです。 平日に30~40分、受刑者に運動等の指導を行っているのだそうですよ。 ですが、所内には階段を使わないと行 …

水道水で認知症発症リスクが低下!?デンマークが研究

水道水という身近な存在が認知症に与える影響を分析した研究結果が、デンマークのコペンハーゲン大学の研究者らによって2017年8月23日に発表されました。 リチウムは大量に摂取すると中毒や甲状腺の機能障害 …

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”、およそ半数が認知機能回復

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”と判定された在宅の高齢者を4年間追跡したところ、半数近くは正常な認知機能を回復したとの研究を、国立長寿医療研究センターのチームがまとめ、米医学誌に発表 …

自宅で認知症進行予防!?富山県の企業がそんなアプリを開発中~

富山大学五福キャンパス工学部敷地内の新産業支援センターの一室にオフィスを構えるITベンチャーのキュアコード株式会社は、在宅で認知症の進行を予防するアプリを開発しているとの事。 水分補給等のスケジュール …

夜勤と日勤、頻繁に昼夜逆転すると寿命が短くなる!?長期間のマウス実験で、きついシフトで死亡率4倍以上!!

長期間にわたって頻繁に昼夜が逆転して体内時計が乱されると、死亡率が高まる傾向にあることを、京都府立医大の研究チームがマウスの実験で明らかにしました。 介護職等はシフト勤務の職場は多いですが、シフトの組 …