施設にて

「犬猫じゃないんだから!!」

投稿日:

Pocket

介助中のおばあさまの発言。

「もっと優しくやってよ!犬猫じゃないんだから!!」

昔の人と今の人では犬や猫に対する感覚が違ったりする事もあるようです。

戦争時や戦争直後を生きてきて、認知症によってその頃の記憶が度々蘇っている方も少なからずいらっしゃいます。

そのおばあさま同様。

そのおばあさまにとって、犬や猫は愛すべき存在というよりは家畜感覚なようです。




でもあきすけは元々動物が大好き。

残念ながら、正直ワンちゃんネコちゃんに対しての方が優しくしてあげられちゃうと思う・・・

そのおばあさまもせめてもう少し口が悪くなければなぁとも思う・・・

あぁ、ダメな介護士(>_<)

まぁ勿論そんな事は言わずにごめんねと謝ってしっかり介助させて頂きますがね(´・ω・`)

 

犬用タイマー自動給餌器はカリカリマシーン



介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-施設にて

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワインの先生、藤原竜也さん

今朝、テレビを見ていたおばあさま。 「ワインの先生〜!この人ワインの先生なの!」 すごいテンションではしゃいでいました。 普通に生活しているとなかなか聞かない「ワインの先生」という言葉。 誰の事だろう …

「こんなの(発達障害)病気って言わないよ」

今ではメジャーな事が昔は知られていなかった、という事は多くあると思います。 例えば「発達障害」。 現代では子供のおよそ15人に1人の割合だとも言われており、むしろ「個性」として見ていこうという考えも広 …

no image

財布が無くなっちゃった

認知症の方の中にはお金に対する執着心が強い方がいらっしゃいます うちの施設では金銭を持ち歩くことは無く、財布も持ってはいないのですが、ある方は定期的に「財布が無くなっちゃった・・・」と困った顔で訴えて …

no image

見守り≒拘束!?

例えば歩行状態不安定な方がいたとして、危ないからと常に付き添い見守りを行うというのは決して間違っているとは言えないと思います。 しかし付き添われる側は、常に隣や後ろに付いて回られてどのように感じるでし …

no image

僕の名は・・・?

割としっかりされているおばあさまがいるのですが、その方は職員の名前は全く覚えてくれません 顔は覚えてくれているのですが、毎回「あんた」と呼んできます。 新しい事を記憶できない訳ではないようですし、何度 …