施設にて

これからの事を考えないと

投稿日:

Pocket

おばあさま方が集まって、自分達が若かった頃の話で盛り上がっていたのですが、その中にいた一人のおばあさまがしかめっ面をしながらあきすけの元へ来てこう言いました。
「昔はどうだったとか過去の話ばかり、嫌だね。前を向かないと。これからの事を考えないと。」
高齢になって、認知症になって、それでも尚未来に向かって進もうとしていて素敵
そんな風にも感じますが、このおばあさまは最近になって帰宅願望が強くなってきており、この発言も純粋に未来を見据えてでは無く、どうにかして家に帰りたいという思いからなのだろうと思います。
その発言からは強い意志を感じました。
そしてそのままトイレへ向かわれたのですが・・・
トイレから戻るとしかめっ面は穏やかな表情に変わっており、あきすけとそんな話をしていた事もすっかり忘れて先程までのおばあさま方の昔話大会に参加され、楽しそうに若かった頃の話をしておりました。
・・・さすが認知症
慢性的に腰に痛みを抱えている方へ【Marumitsuオンラインショップ】




先進のリハビリテーション医学が生んだサポーター【Marumitsuオンラインショップ】


介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-施設にて

執筆者:

関連記事

no image

日本で一番年寄り!?

「天皇陛下から手紙が来た。日本で一番年寄りなんだから。」 そう言うおばあさま。 確かにこのおばあさまは先月100歳になられたかなりのご長寿。 認知症はバリバリですが、自分の足でしっかりと歩けてまだまだ …

貶し言葉「器用」「要領がいい」

「あの人は器用だ」 「あの人は本当に要領がいい」 これ、決して褒めてはいないのです。 むしろ貶しています。 皮肉を言っているようです。 このおばあさま、元々頑固な性格なのですが更に頭が固くなっているよ …

no image

寒い寒いと言いながら

「寒いねー、あー寒い」 そう言いながら靴を脱ぎ靴下を脱ぎ、トレーナーも脱いでいきます。 「寒いねー、あー寒い」 今度はその薄着の状態でタオルケットに包まります。 足は放っておくと壊死するんじゃなかろう …

折り鶴、くれすぎてたまにいらない

あるおばあさまはチラシやら破ったカレンダーやら、紙を色々集めております。 その紙を使って鶴を折ったり箱を作ったり。 そして、その作った作品を賄賂かのように職員に渡したがります。 だいたいの人は本人の気 …

no image

子供向けアニメのキャラクター

私の働いている特養では、談話室なんかの飾り付けを介護職陰で行っているのですが、私が飾り付け当番だった時、子供向けアニメのキャラクターの絵ををさりげなく飾ったのです。 完全に自分の子供の影響だったのです …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細