施設にて

立つには足を引くことです

投稿日:

Pocket

椅子等から立ち上がる時、足が膝より前に投げ出されていると立ちにくい。
というか立てない。
利用者さんの介助をするにも、体の基本的な構造や、動き方なんかを理解していないと難しいですよね
自分たちが意識せずにやっている事って、案外ちゃんと理解できていなかったり。
「せーので立ちますよ!」の前に、ちゃんと足を引いてもらわないと!
なんて新人職員に実際に自分の体で体験してもらいながら教えたりしている今日この頃




介護職員ランキング

-施設にて

執筆者:

関連記事

no image

これからの事を考えないと

おばあさま方が集まって、自分達が若かった頃の話で盛り上がっていたのですが、その中にいた一人のおばあさまがしかめっ面をしながらあきすけの元へ来てこう言いました。 「昔はどうだったとか過去の話ばかり、嫌だ …

no image

「あら、いつもは眼鏡してなかったかしら?」

「あら、いつもは眼鏡してなかったかしら?」 普段は眼鏡をかけているあきすけですが、たまたま眼鏡をしていなかったときがありまして そんな時、基本的に挨拶する程度の関わりしかない他フロアのおばあさまがそう …

「芋よりご飯が食べたい」

100歳を越えているおばあさま。 夜中、唐突に言いました。 「芋よりご飯が食べたい」 お米は毎日食べていますが、「いつも食べてるでしょ」で済ませる話ではないですよね。 お米がなかなか食べられない時代を …

入浴は運動

「入浴も運動」 他愛の無い会話の中のワンフレーズ。 確かに入浴するのも体力がいる。 体への負担も少なからずある。 高齢者にとってはそれが顕著。 若者でも熱い湯に長時間浸かりすぎれば汗だくで疲労感さえ感 …

楽しい喧嘩

「くそったれじじい」 「なんだくそったればばあ」 利用者のおばあさまとあきすけのやりとり。 これだけ見ると完全に介護士失格の言動ですな・・・ いやいや、お互い本気では言っていませんよ 最後は決まって「 …