施設にて

見守り≒拘束!?

投稿日:

Pocket

例えば歩行状態不安定な方がいたとして、危ないからと常に付き添い見守りを行うというのは決して間違っているとは言えないと思います。
しかし付き添われる側は、常に隣や後ろに付いて回られてどのように感じるでしょうか
勿論「ありがたい」「安心できる」と感じる事もあるでしょう。
ですが、中には「見張られているようで嫌」「精神的に不自由」と感じる事もあるのです
良かれと思って行う見守りが、場合によっては「拘束」となってしまう可能性もあるのです・・・
転倒も怖いですし、本当に危険な歩行状態の方もいらっしゃいますから、勿論臨機応変に、となってしまいますが、場合によっては一歩引いてみるのも一つのケアのあり方なんだなぁと思います




介護職員ランキング



-施設にて

執筆者:

関連記事

大火災に対する認知症おばあさまの反応は・・・

イギリスのロンドンで起きた大火災。 「グレンフェル・タワー」として知られている高層住宅。 その高層住宅から現地時間の6月14日の真夜中過ぎにの3階から火が出て、あっという間に建物全体に燃え広がったそう …

せがれ

「これ、私のせがれなの」 入所時からの付き合いのおばあさま。 仲良くさせて頂いている内に、気付けば私はおばあさまの中で息子となっておりました。 私もお話する時はあえて敬語は使わずにくだらない話をたくさ …

no image

忘れっちまった悲しみに

三度の結婚を経験したおばあさま。 でも、二人目以降は記憶から消されている。 子供も二人いる。 一人目の旦那との間の子供の事はしっかり覚えていて、孫とひ孫がいる事も覚えている。 でも、三人目の旦那との間 …

no image

「ありがとう」

「ありがとう」 利用者さんは大勢いるけれど、行ってくれる方は全体の半数もいません。 勿論会話が出来ない方もたくさんいますし、そもそもありがたいと思って頂けなかったりもあります。 認知症の方ばかりなので …

ちょっとした事でも、物事を記憶出来ているってすごい事

あきすけの働く特養は緑に囲まれています。 その為か普段から人間に懐いた野良猫がたくさんいたり、虫もたくさん。 夏場には何故か屋内の廊下にクワガタが!?なんて事も(笑) 先日、日が昇ったばかりの晴れた朝 …