ニュース 未分類

水道水で認知症発症リスクが低下!?デンマークが研究

投稿日:

Pocket

水道水という身近な存在が認知症に与える影響を分析した研究結果が、デンマークのコペンハーゲン大学の研究者らによって2017年8月23日に発表されました。

リチウムは大量に摂取すると中毒や甲状腺の機能障害を起こすとされていますが、実は双極性障害の治療薬としても使用されており、そもそも単なる有害な金属ではないそうです。




リチウムは海水や岩石にも含まれ、水道水や食品中にも微量存在している為、日常的に少なからず摂取していると言えるようです。

更に、微量とはいえ脳機能や心理面に与える影響が大きいとされていて、アメリカや日本で過去に行われた調査では、水道水中のリチウム濃度が高い地域ほど自殺率が低いという結果も出ているのだそう。

こうした調査結果から、コペンハーゲン大学の教授らは認知症にも何らかの効果があるのではないかと推測し、認知症を発症している7万3731人と発症していない73万3653人のデータを抽出し、居住地域の水道水を調査したそう。

まず、水道水中のリチウム量が「適量(1リットルあたり5.1~10マイクログラム)」とされる水道水を飲んでいた人は、「低量(1リットルあたり5マイクログラム未満)」の水を飲んでいた人に比べ認知症発症リスクが22%増加していたのだそう。

更に、「高量(1リットルあたり15マイクログラム以上)」の水を飲んでいた人と「低量」の人と比較すると、前者はリスクが17%低下していた。




しかし今回の結果は、リチウムが認知症を抑制するという因果関係を明らかにした訳ではなく、あくまでも両者の相関関係を示したのみ。

 その上、水道水以外の条件を考慮していないので、例えばリチウム濃度が適量な地域は低量や高量な地域に比べて認知症リスクを高める何らかの環境要因がある等の可能性も否定できないという事です。

ですが、もし水道水が認知症発症リスクが低下するのであれば、本当に身近な物で認知症対策が出来る訳ですから、素晴らしい発見ですね!!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護職員の労働組合、介護職員の更なる賃上げ求める要請書を厚労相に提出

先日、7万人超の介護職員らでつくる業界最大の労働組合「UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)」が来年度の改定で介護報酬を引き上げるよう訴える要請書を加藤勝信厚生労働相に提出したそうです。 現 …

“学校教育”が認知症の予防の鍵!? 欧米では長期の学校教育で認知症発症率が減少

欧米では、なぜだか、認知症になる人の割合が減ってきているそうです。 理由の一つとみられるのが、若いころに受ける「教育」なんだとか。 教育の充実によって、なんと認知症の約8%を防げるという。 イギリスの …

糖尿病治療が楽に!?血糖値に応じて自動的にインスリンを出せる新素材を開発

血糖値に応じて自動的にインスリンを出せる新素材を、名古屋大学と東京医科歯科大の研究チームが開発したとの発表がありました! 実用化すれば、患者の皮膚に貼るだけで糖尿病治療ができるようになるとしています。 …

自己負担2割に上がった利用者、介護サービスの利用中止が負担1割の利用者の約3倍に

自己負担が1割から2割に上がった利用者のうち、1週間あたりの利用単位数の合計を減らした、あるいはサービスの一部を中止した人の割合は3.8%となっているそうです。 サービスを減らした2割の利用者に理由を …

壊死をハサミで切り取り・・・ 医師でもないのに医療行為、介護施設の社長が有罪判決 

医師でないのに高齢者介護施設で入居者に医療行為を行ったー 医師法違反などの罪に問われた高齢者介護施設運営会社の社長、川染智騎被告(37)に対し、懲役2年6カ月執行猶予4年(求刑懲役2年6カ月)が言い渡 …