解説

介護の仕事を英語で言うと?

投稿日:2017年4月29日 更新日:

Pocket

さて、介護には資格がいっぱいありますが、

介護士は辞書によってはnurseと表記されているようです。

昔は“介護”はあくまで“看護の内の一部”であったのでしょう。

ですが、今は介護の仕事も細分化されて来ており、英訳も変わりつつあります。

せっかくなので、介護に関する単語をいくつか英語で見てみましょう!

介護:care

訪問介護:home care

特別養護老人ホーム:Special elderly nursing home

老人保健施設:Geriatric health services facility

介護士:helper/caregiver

介護福祉士:certified care worker

社会福祉士:certified social worker

介護支援専門員(ケアマネージャー):care manager

いかがでしょうか!?

今後、さらに介護の概念の変化に伴って英訳も変わっていく事と思います。

数年前に通じていた介護関係の英訳が今では使われていない、何てことも既にありますからね!

 

↓↓↓certified care worker↓↓↓



介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高齢者のラジオ体操での注意点

日本人なら一度は経験した事があるんじゃないかと思われるラジオ体操。 あきすけは子供の頃、体育の授業でやったりしておりました。 ラジオ体操は比較的取り組みやすい為、健康に気を使う人達にとっても魅力的な運 …

過労死から自らを守る為の“隠れ疲労”3つのサイン

長時間労働による「過労死」が問題視され、現在働き方改革が推進されています。 ですが、介護業界は慢性的な人手不足等もあり、なかなか難しいところも。 自分自身で過労死から身を守る必要もありますよね。 その …

高齢者の暴行摘発、10年でおよそ4倍に

傷害や暴行等での高齢者の摘発人数が、人口増加を上回るペースで急増している事が国の統計から分かりました。 特に暴行の摘発は10年前から4倍超に激増しているそう。 些細なトラブルから他人に手を出すケースが …

認知症の治療

認知症では、記憶や様々な行動に障害が現れます。 しかし、認知症の治療といっても現段階では失われた機能を完全に戻す事はできません。 残っている身体的・精神的機能をなるべく長く維持する事が治療の目的となっ …

【事例あり】“抗認知症薬”で暴力・暴言が増加!?逆に減薬も効果あり!

認知症の進行を遅らせる効果がある“抗認知症薬”の服用により患者の暴力や暴言がひどくなったと悩む介護者は少なくないのだそうで。 厚生労働省は昨年、抗認知症薬の投与を規定量未満に減らす事を認めましたが、勿 …