解説

介護職員なら気を付けるべき、牡蠣によるウイルス感染と食べ方の注意点とは!?

投稿日:

Pocket

牡蠣は「海のミルク」と呼ばれ、グリコーゲンのほか、タンパク質やカルシウム、亜鉛等のミネラル類をはじめ、様々な栄養素が含まれています。

海の栄養分を濃縮して蓄積しているという良い点もありますが、逆に有害なウイルスも濃縮し、蓄積してしまうという欠点もあるのです。

牡蠣などの二枚貝は、プランクトンを主食としており、プランクトンと一緒に漂うウイルスも吸い込んで中腸腺という器官に蓄えます。

その為、生で食べるとに感染する可能性があるのです。

それでは、牡蠣が起こす健康被害には、どんなものがあるのでしょうか?




ノロウイルス

感染経路

ノロウイルス感染は冬場に多く発生します。

ノロウイルスに汚染された食物を食べるか、ノロウイルス患者の吐物や、吐物が細かい飛沫となって空気中を浮遊したものが口に入ることで感染します。

症状

潜伏期は1~2日。

吐き気、嘔吐、腹痛などの症状をきたします。

通常は、2~3日で改善し、軽症で終わることが多いのですが、乳幼児や高齢者、免疫力の低下した人は重篤になることがあるので注意が必要です。

予防法

手洗いや食材の十分な加熱、感染者の嘔吐や便などの適切な処置で予防します。

治療法

脱水予防などの点滴など、対症療法を行います。

下痢止めはウイルスを排除しようとする腸管の動きを止めるので、一般的にはあまり使用しません。




腸炎ビブリオ

感染経路

海水や海底の泥に存在する細菌です。

海水の温度や気温が上昇すると海水中で大量に増殖し、魚介類に付着して運ばれます。

適度な塩水を好み、腸炎ビブリオで汚染された海産魚介類を生で食べることで感染します。

症状

潜伏期は8~24時間。下痢や腹痛を認めます。

嘔吐や発熱をともなうこともあります。

予防法

腸炎ビブリオのついた生の魚や刺身などをそのままにしておくと、細菌が急速に増加して食中毒を引き起こします。

冷蔵庫を活用し、魚や刺身の温度を上げないようにすることが必要です。

また、熱に弱いので加熱することで食中毒を防ぐことができます。

治療法

脱水予防などの点滴など、対症療法を行います。

下痢止めはウイルスを排除しようとする腸管の動きを止めるので、一般的にはあまり使用しません。




A型肝炎ウイルス

感染経路

A型肝炎ウイルスの感染は、患者の糞便中に排泄されたA型肝炎ウイルスが、水や食材を介して広がります。

上下水道が整備されている先進国での発生はそこまで高くはありませんが、発展途上国などの衛生環境の劣悪な地域では蔓延しています。

国内では、牡蠣などの海産物、寿司、水、患者との接触、海外では、これに加えて、生野菜、果物も感染源となります。

症状

潜伏期間は、およそ14~28日間。

症状は風邪症状、発熱がはじめに出現し、のちに全身倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状が出ることもあります。

血液検査では、AST(GOT)、ALT(GPT)、ビリルビンなど肝機能の値が上昇します。

予防法

ワクチンが有効です。

2回接種で半年~1年、3回接種で5年程効果があります。

衛生環境の劣悪な地域に行く場合はワクチン接種を行いましょう。

また、そのような地域では、手洗いを励行し、生水、氷、生もの(魚介類、野菜など)の摂取も避けた方がいいでしょう。

治療法

一般的な肝炎と同様に症状に応じた対症療法です。

特効薬はありません。

予後は良好であることが多いですが、急性肝不全となり、集中治療室での高度医療が必要になることもあります。




食物アレルギー

感染経路

牡蠣をアレルギーとする人が牡蠣を食べることで起こります。

生だけでなく、火を通していてもアレルギーが起こる可能性があるので注意が必要です。

また、オイスターソースのように、牡蠣を原材料としたものでもアレルギーが起こる可能性があります。

症状

数分から1時間以内に症状が出る即時型と、数時間以上経過して症状が出る遅延型があります。

症状は、じんましんなどの皮膚症状や咳、呼吸困難などの呼吸器症状、唇や口の中が腫れる粘膜症状、腹痛や嘔吐、下痢などの消化器症状など様々です。

予防法

アレルギーに対しては、軟体動物間では共通性が強いので、イカアレルギーがある場合は牡蠣アレルギーがある可能性があります。

魚介類のアレルギーがある場合は、注意をしておいた方がいいでしょう。

治療法

アレルギーがある場合、摂取しないのが一番です。

症状が出現した場合は、軽症であれば症状に応じた薬物療法などを行います。

突然、じんましんや唇の腫れ、呼吸器や消化器症状、血圧低下などが起こるアナフィラキシーが出現した場合には、命にかかわる可能性があるため迅速な対応が必要になります。




牡蠣を食べる際の注意点

まず当然のことながら、牡蠣を「生」で食べるには、「生食用」を選ばなければなりません。

ちなみに、「生食用」と「加熱用」の違いは、鮮度の差ではなく指定海域の差です。

「生食用」は、保健所から生食用に出荷可と指定された、キレイな海域で獲れた牡蠣です。

さらに「生食用」の牡蠣は、紫外線殺菌された海水を使って毒素を吐き出させるなどの措置も行われています。

そして、安全に食べることができる分、「加熱用」と比較すると身が痩せてしまうことがあります。

逆に、「加熱用」の方が牡蠣のエキスが濃縮しているといわれ、カキフライや鍋など加熱して食べる分には適しているといえます。

ただし、「加熱用」の牡蠣は保健所の規定により、中心温度85度1分以上の加熱が必要とされています。

十分に加熱して食べましょう。




ちなみにあきすけはノロウイルスが怖くて介護の仕事を始めてから牡蠣は全く食べていません・・・

介護職員だと、案外「あるある」ですよね!?


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

噂:個別ケアがしたいから従来型特養は選ばない

専門学校等で介護の勉強をしている新卒の方々は「個別ケア」がしたいから就職先に従来型特養は選ばないらしいという噂を聞きました。 あきすけは従来型の特養で働いているので、ちょっぴり切ない 従来型は個別ケア …

75歳で高齢者、65歳は准高齢者、90歳から超高齢者

少し前にニュースなんかでも取り上げられていた話題。 今年の1月に学会で、65歳以上と定義されている「高齢者」を75歳以上に見直すよう求める提言をされたそうです。 また、65~74歳はまだまだ活発な社会 …

【事例あり】“抗認知症薬”で暴力・暴言が増加!?逆に減薬も効果あり!

認知症の進行を遅らせる効果がある“抗認知症薬”の服用により患者の暴力や暴言がひどくなったと悩む介護者は少なくないのだそうで。 厚生労働省は昨年、抗認知症薬の投与を規定量未満に減らす事を認めましたが、勿 …

高齢者の粗食は危険がいっぱい!?注意すべき事は?

若い頃よりも“粗食”を心掛け、「魚を食べる事が多くなった」という高齢者は少なくないでしょう。 朝の食卓に上る機会の多い焼鮭は特に人気が高く、「パリパリの皮まで食べてしまう」という人も多いそう。 しかし …

“義歯刻印”で徘徊時や災害時の身元確認!!

“義歯刻印法”って、ご存知ですか? 入れ歯やブリッジ等に名前やIDナンバー、もしくは義歯の制作者名を入れるというものです。 日本の義歯刻印の活動は、阪神淡路大震災の翌年、1996年から始まったのだそう …