解説

感染症対策、マスクの予防効果は?

投稿日:

Pocket

介護関係の仕事をしていると特に、感染予防でマスクを着用する事ありますよね!?

しかし、マスクの着用の予防効果はどれ程のものなのでしょうか?

毎年必ず流行するインフルエンザウイルスを例に考えてみます。




インフルエンザウイルスの大きさは約0.1μm。

一般的なマスクの穴の大きさは約5μmです。

因みに1μmは1mmの1000分の1となります。

つまり、マスクの穴の大きさはインフルエンザウイルスの約50倍なんだそうです!

因みにノロウイルスは更に小さく0.03μmしかないらしいですよ。

という事は・・・

マスクに感染予防効果はそこまで期待できませんな!!

ですが、咳をした際の菌は唾液と共に飛散しますので、マスクは咳エチケットとしては有効な道具です。

唾液が約5μmと大きいので、唾液に混じった菌はマスクの着用で飛散を防ぐ事が出来ます!

そもそも予防でマスクを着けるのは世界的には珍しい行為なんだそうですよ〜!

とりあえず感染予防にはマスクを過信せず、手洗いや人混みを避ける等、他の感染対策もしっかりした方が良いですね!






介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「転倒」や「認知症」で安楽死 ~オランダの安楽死事情~

オランダは世界で初めて安楽死法を法制化した国です。 癌末期患者の苦しみを解放する為、というのが元々の理由だったそうです。 しかしその後、精神的苦痛も加味され、癌以外にも幅広く安楽死が施工されています。 …

祖母の失念で男児死亡・・・ 認知症方が起こした事件にはどんな刑罰が?

8月2日、仙台市の民家の駐車場に停められた乗用車内で、3歳の男児がぐったりした状態で見つかり、病院で死亡が確認された事件がありました。 死因は熱中症の可能性が高いとされています。 祖母が車内に男児がい …

高齢者の暴行摘発、10年でおよそ4倍に

傷害や暴行等での高齢者の摘発人数が、人口増加を上回るペースで急増している事が国の統計から分かりました。 特に暴行の摘発は10年前から4倍超に激増しているそう。 些細なトラブルから他人に手を出すケースが …

排尿障害とは

“排尿障害”と聞くと、なんとなく難しい病気のように感じてしまいます。 ですが実は、「夜何度もトイレに起きる」とか、「くしゃみでお腹に力が入ると尿がもれてしまう」といった症状を指し、割と身近なものなんで …

75歳で高齢者、65歳は准高齢者、90歳から超高齢者

少し前にニュースなんかでも取り上げられていた話題。 今年の1月に学会で、65歳以上と定義されている「高齢者」を75歳以上に見直すよう求める提言をされたそうです。 また、65~74歳はまだまだ活発な社会 …