解説

感染症対策、マスクの予防効果は?

投稿日:

Pocket

介護関係の仕事をしていると特に、感染予防でマスクを着用する事ありますよね!?

しかし、マスクの着用の予防効果はどれ程のものなのでしょうか?

毎年必ず流行するインフルエンザウイルスを例に考えてみます。




インフルエンザウイルスの大きさは約0.1μm。

一般的なマスクの穴の大きさは約5μmです。

因みに1μmは1mmの1000分の1となります。

つまり、マスクの穴の大きさはインフルエンザウイルスの約50倍なんだそうです!

因みにノロウイルスは更に小さく0.03μmしかないらしいですよ。

という事は・・・

マスクに感染予防効果はそこまで期待できませんな!!

ですが、咳をした際の菌は唾液と共に飛散しますので、マスクは咳エチケットとしては有効な道具です。

唾液が約5μmと大きいので、唾液に混じった菌はマスクの着用で飛散を防ぐ事が出来ます!

そもそも予防でマスクを着けるのは世界的には珍しい行為なんだそうですよ〜!

とりあえず感染予防にはマスクを過信せず、手洗いや人混みを避ける等、他の感染対策もしっかりした方が良いですね!






介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

噂:個別ケアがしたいから従来型特養は選ばない

専門学校等で介護の勉強をしている新卒の方々は「個別ケア」がしたいから就職先に従来型特養は選ばないらしいという噂を聞きました。 あきすけは従来型の特養で働いているので、ちょっぴり切ない 従来型は個別ケア …

高齢者の粗食は危険がいっぱい!?注意すべき事は?

若い頃よりも“粗食”を心掛け、「魚を食べる事が多くなった」という高齢者は少なくないでしょう。 朝の食卓に上る機会の多い焼鮭は特に人気が高く、「パリパリの皮まで食べてしまう」という人も多いそう。 しかし …

高齢者の暴行摘発、10年でおよそ4倍に

傷害や暴行等での高齢者の摘発人数が、人口増加を上回るペースで急増している事が国の統計から分かりました。 特に暴行の摘発は10年前から4倍超に激増しているそう。 些細なトラブルから他人に手を出すケースが …

介護職員なら気を付けるべき、牡蠣によるウイルス感染と食べ方の注意点とは!?

牡蠣は「海のミルク」と呼ばれ、グリコーゲンのほか、タンパク質やカルシウム、亜鉛等のミネラル類をはじめ、様々な栄養素が含まれています。 海の栄養分を濃縮して蓄積しているという良い点もありますが、逆に有害 …

「転倒」や「認知症」で安楽死 ~オランダの安楽死事情~

オランダは世界で初めて安楽死法を法制化した国です。 癌末期患者の苦しみを解放する為、というのが元々の理由だったそうです。 しかしその後、精神的苦痛も加味され、癌以外にも幅広く安楽死が施工されています。 …