ニュース 解説

過労死から自らを守る為の“隠れ疲労”3つのサイン

投稿日:

Pocket

長時間労働による「過労死」が問題視され、現在働き方改革が推進されています。

ですが、介護業界は慢性的な人手不足等もあり、なかなか難しいところも。

自分自身で過労死から身を守る必要もありますよね。

そのためには「隠れ疲労」を見逃してはいけません。




仕事や運動をした後は、誰もが「疲れた」と感じます。

しかしこれは、エネルギーを消費したことで体が疲れてしまった、という訳ではないようです。

仕事や運動くらいでは、エネルギーが枯渇して疲労を起こすことはほとんどありません。

それでも疲れたと感じるのは、脳の中にある自律神経の中枢に大きな負担がかかったからです。

自律神経は、脈拍、呼吸、血圧、体温、睡眠といったあらゆる身体活動をコントロールしています。

仕事や運動によってその自律神経が酷使されると、脳は『疲労感』を自覚させようとします。

それ以上、体を動かすなどして自律神経に大きな負荷をかけないようにする為なのだそうです。




ただ、実際に疲労が蓄積していても、人間は疲労感を覚えないケースがあるという。

自律神経の中枢が疲弊し、『疲労した』という情報を収集して疲労感として自覚させるのは大脳の前頭葉にある眼窩前頭野という部分です。

前頭葉は『意欲や達成感の中枢』と呼ばれていて、人間は他の動物にはみられないほど前頭葉が発達しています

そのため、眼窩前頭野で発した疲労感という生体アラームを意欲や達成感によって隠してしまう。

実際は疲労が積み重なっているのに、疲労を感じなくなるのです。

過労死は、前頭葉が発達して疲労感を隠してしまう人間だけにしか起こらないのだそう。

過労死を避けるためには、隠れ疲労が蓄積していないかどうかをチェックすることが重要なのだそうです。




①飽きる

長時間のデスクワークやパソコン作業で脳を使い続け、「飽きた」という感覚を覚えたことが誰にでもあるだろう。

この飽きるという感覚は、脳が疲労し始めている最初のサインだという。

仕事や勉強などで使い続けている特定の脳の神経細胞を休ませてほしいというシグナルです。

『飽きた』というサインを無視して作業を続けていると、特定の神経回路が疲弊して機能が低下し、全身がだるいなどの症状が表れるようになります。




②寝落ちが増える

電車で席に座った途端、隣の駅に着くまでの間に眠ってしまったり、大事な会議中なのにウトウトしたりするなど、公的な場で無意識に寝落ちしてしまう場合は、隠れ疲労を抱えているケースが多いそうです。

疲労が蓄積してピークに近い状態になると、脳は強制的に意識をシャットダウンして休ませようとするのだとか。




③毎日の習慣が面倒に感じる

脳に疲労がたまると「疲れる」というサインが出ます。

隠れ疲労の場合は疲労を感じないが、無意識のうちに表面に表れるという。

たとえば、駅から自宅までといった普段は歩いている1キロ程度の区間なのに、『なんとなく、きょうは歩きたくない』と感じてタクシーに乗ってしまったり、普段は楽しめる友達や彼女からお誘いがあっても、『きょうは出向くのが、おっくうだ』と感じて断ってしまったり。

こうした衝動的な『面倒くさい』という感覚は、隠れ疲労が表面化している可能性が高いといえますようです。




これら隠れ疲労の3大サインが表れたら、無理はせずに休息をとり、しっかり睡眠をとる事が大事です!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース, 解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高齢者のラジオ体操での注意点

日本人なら一度は経験した事があるんじゃないかと思われるラジオ体操。 あきすけは子供の頃、体育の授業でやったりしておりました。 ラジオ体操は比較的取り組みやすい為、健康に気を使う人達にとっても魅力的な運 …

【悲報】今年度分から社会福祉に関する国家資格の受験手数料、値上げ・・・介護福祉士も

先日、厚生労働省が来年1~2月の今年度実施分から社会福祉に関する国家資格の受験手数料を値上げすると発表しました・・・ 介護福祉士は2160円増の1万5300円、精神保健福祉士は1210円増の1万761 …

ストレス調査の結果、介護サービス業の男性職員はストレス過多!?

情報サービス業の情報基盤開発が、同社の「AltPaperストレスチェック」の尺度を用い、保健衛生、社会保険・社会福祉・介護事業の職種を細分化し、そのストレス状況・ストレス要因を分析した結果を公表しまし …

“認知症当事者の視点での施策”“ネット上の曖昧な認知症情報への対策”を国立長寿医療研究センターが厚労相に提言

今後の認知症施策の方向性を検討する国立長寿医療研究センターの「認知症医療介護推進会議」は今月、提言をまとめ、厚生労働相に提出したそうです。 同会議は、認知症関連の学会や医療、介護関係団体の代表者らで構 …

介護職専門求人転職サイトで初!!求人のマップ検索機能を搭載!!

株式会社ファーストコネクトが提供している、介護業界に特化した人材紹介サービス「ファーストナビ介護」のユーザー向けWEBサイトをリニューアルしました。 求職者のニーズに即したマップ検索機能の搭載等により …