解説

75歳で高齢者、65歳は准高齢者、90歳から超高齢者

投稿日:2017年5月13日 更新日:

Pocket

少し前にニュースなんかでも取り上げられていた話題。

今年の1月に学会で、65歳以上と定義されている「高齢者」を75歳以上に見直すよう求める提言をされたそうです。

また、65~74歳はまだまだ活発な社会活動が出来るとされるとして「准高齢者」に区分するよう提案しているそうで、准高齢者は仕事やボランティアなど社会に参加しながら病気の予防に取り組み高齢期に備える、としているそうです。

さらに90歳以上は「超高齢者」とするとか。

この提言に対し厚労相は「社会保障制度における年齢の定義を見直すことは、企業の雇用慣行や国民の意識も踏まえて、慎重に議論すべきだ」と述べています。

 

「フリー素材 高齢者」の画像検索結果

 

確かに医療の進歩はめざましく、健康寿命も延びていると思います。

働ける層には働いて欲しい、というのも分かります。

現在、60歳定年以降も65歳まで雇用延長を行う企業は多く、それ以降の継続勤務も認める企業も増えてきているそうです。

そういった中で准高齢者は確かに社会の支え手になり得る層ですし、現役世代の負担減少や労働人口減少等の問題にも良い効果を与えてくれるかもしれませんね!

ただ、あきすけの働く特養でも1/4くらいは74歳以下ですし、全国的には「准高齢者」とされる年齢で介護等が必要な方も大勢いらっしゃると思います。

この議題については未だ結論が出ていません。

そんな方々が「まだ高齢者でもないのに施設に入っているなんて・・・」とより負い目に感じてしまったりする事にならないよう、このような議題は慎重に議論をして頂きたいものです。

↓↓↓介護の求人情報ならカイゴジョブ。ヘルパー・ケアマネ・生活相談員などの求人案件を30,000件以上掲載。↓↓↓



介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高齢者の暴行摘発、10年でおよそ4倍に

傷害や暴行等での高齢者の摘発人数が、人口増加を上回るペースで急増している事が国の統計から分かりました。 特に暴行の摘発は10年前から4倍超に激増しているそう。 些細なトラブルから他人に手を出すケースが …

ヒヤリハットで裁判が不利になる?

“ヒヤリハット”ってご存知ですか? ヒヤリハットとは、簡単に言うと事故には至らなかったけれどもヒヤッとしたり、ハッとした事柄の事です。 これは本で読んだ話なのですが、あるリスクマネジメントセミナーにて …

感染症対策、マスクの予防効果は?

介護関係の仕事をしていると特に、感染予防でマスクを着用する事ありますよね!? しかし、マスクの着用の予防効果はどれ程のものなのでしょうか? 毎年必ず流行するインフルエンザウイルスを例に考えてみます。 …

介護を行った平均期間は4年11か月、負担総額は546万円・・・

ご存知の通り、政府は“75歳年金受給開始”の導入に向けて検討を進めていますが、そうなると定年の65歳から75歳までの10年間は収入がなくなる事になります。 となると、もし身内が介護が必要となった場合に …

過労死から自らを守る為の“隠れ疲労”3つのサイン

長時間労働による「過労死」が問題視され、現在働き方改革が推進されています。 ですが、介護業界は慢性的な人手不足等もあり、なかなか難しいところも。 自分自身で過労死から身を守る必要もありますよね。 その …