ニュース 解説

75歳以上の“老老介護”、初の3割超え

投稿日:

Pocket


高齢者が高齢者を介護する“老老介護”。

2016年に厚生労働省による国民生活基礎調査が実施されました。

調査は医療や福祉、年金、所得など国民生活の基礎データを全国的に集めて分析するもので、1986年から毎年実施されていますが、今回は3年に1度の大規模なもので、介護や世帯、貧困の状況について質問項目や分析対象を増やしたものだそうです。

調査対象は質問項目によって異なり、介護は約7000人、世帯は約22万世帯から回答を得たとの事。



75歳以上の“老老介護”初の3割超え

の結果、要介護者と介護者の年齢が共に75歳以上である割合が、2013年に行われた前回調査時と比べて1.2ポイント増の30.2%であったそうです。

30%を超えたのは初めてで、これは過去最高値だそうです。

2001年から統計を取り始めているのですが、初回の2001年時と比べると11.5ポイントも増えています。



“老老介護”増加の理由

老老介護が増えていく理由として、夫婦や親子だけで生活する核家族が多い事や、「介護施設に空きがない」「利用料金が高い」「他人を家に入れたくない」等様々な理由で介護サービスを利用しない介護者が少なくない事等が挙げられます。

また、要介護者自身が「自宅で家族に介護されたい」と望む事も多く、介護者も「介護施設に預けるのは・・・」と後ろめたさを感じてしまい老老介護を選択する事もあるようです。



対応策

介護者の高齢化が一層進んで深刻な状況になっております。

周囲に相談し、一人で抱え込まないようにする事や、介護サービスを利用し介護者自身もしっかり休息を取る等、介護者が無理をし過ぎない環境作りが重要です。

また、介護者自身が行動を起こすだけではなく、その家族や友人等がコマ目に連絡を取ったり、訪問したりする事も介護者の心と体を守る事に繋がります。

介護職員のあきすけとしては、無理せず介護施設に頼って頂きたいところです。

 

老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら 介護DB



介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース, 解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神戸市、認知症高齢者事故に公費で給付金 全国初の救済制度導入へ

認知症と診断された高齢者らが起こした交通事故などの被害賠償をめぐり、神戸市は、公費から給付金を出す全国初の救済制度を導入する方針を決め、18日の有識者会議で制度案を含む条例案を報告しました。 市は条例 …

新潟県のケアマネ試験、採点ミスで70人が不合格に・・・ 県が謝罪、追加合格に

新潟県は10月8日に県内6カ所で実施した介護支援専門員(ケアマネジャー)実務研修受講試験について、採点ミスがあり、本来合格していたはずの70人を不合格にしていた、と発表しました。 該当者に謝罪し、追加 …

介護職員の虐待を防げ!?労使協定で職場改善改善へ

先日、介護職員でつくる労働組合の「日本介護クラフトユニオン」が現場での高齢者や障害者への虐待防止に向け、介護事業者40社と、職場環境改善に取り組む労使協定を結んだと発表しました。 職員のストレスが虐待 …

認知症患者がキャノーラ油を摂取すると認知症が進む!?アメリカの驚きの研究結果

日々の料理に欠かせないキャノーラ油。 そんなキャノーラ油について、ある研究結果が発表されました。 アメリカのテンプル大学の研究グループがアルツハイマー病のマウスにキャノーラ油を与えたところ、学習能力と …

6月23日「慰霊の日」

  6月23日、「慰霊の日」。 「慰霊の日」とは1945年6月23日に沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなんで、アメリカ施政権下の琉球政府及び沖縄県が定めた記念日です。 今日6月23日で沖縄戦終結後 …