ニュース

インフル後も鼻水が止まらない場合は実は“副鼻腔炎”!? 喘息を合併の危険も

投稿日:

Pocket

インフルエンザや風邪をひいた後、他の症状が治まったのに鼻の不調だけが続くなら、副鼻腔炎かもしれませんよ!?

副鼻腔に炎症が起きて、鼻水や鼻づまりの症状が出るのが副鼻腔炎です。

副鼻腔炎の代表的な症状は、粘り気のある鼻水と鼻づまりですが、目や頬など顔面の痛みや頭痛が出たり、嗅覚障害を伴ったりする例もあるのだそうです。

炎症が起きて1カ月以内の急性副鼻腔炎の場合、痛みや多量の黄色い鼻水といった激しい症状が出ることも多いようですが、一方で発症後3カ月以上たっている慢性副鼻腔炎は症状が穏やかで、改善と悪化を繰り返すため、長年放置されることもあるのだとか。

鼻の症状に加えて、注意力が散漫になるなど、気付かぬうちに生活の質が大きく低下してしまう危険も。




副鼻腔炎にはいくつか種類があります。

1つ目はいわゆる“蓄膿症”で、副鼻腔にうみがたまります。

ペニシリンなどの抗菌薬を1~2週間、あるいは少量のマクロライド系抗菌薬を3カ月を目安に服用して治療します。

2つ目は“副鼻腔真菌症”で、高齢者や糖尿病などの持病で免疫力が低下している人がかかりやすいようです。

副鼻腔にカビが増殖するもので、カビ臭い室内や空調の清掃不足など環境が原因の一つとなります。

急激に悪化する場合は、すぐに患部の切除手術が必要なんだとか。

3つ目は“好酸球性副鼻腔炎”。

白血球の一種、好酸球が過剰に反応して鼻と副鼻腔の炎症が続くのだそう。

近年患者数が増えている症状なのだそうで、粘り気がある鼻水が特徴で治りにくいんだそうです。

両方の鼻に多数の鼻茸ができて、強い鼻づまりや嗅覚障害を起こすことが多く、しばしば成人発症のぜんそくを合併するのも特徴です。

この副鼻腔炎に対してはステロイド薬による継続的な治療が最も有効で、鼻茸の切除や副鼻腔の入り口を広げる内視鏡下副鼻腔手術で症状を軽減できるそうです。

 




なんにしても鼻の不調が長引いたら、放置しても改善は見込めないと思った方が良いかもしれません。

高齢者は特に、たかが鼻水と侮らずに、早期受診する事が必要かもしれませんね。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自宅で認知症進行予防!?富山県の企業がそんなアプリを開発中~

富山大学五福キャンパス工学部敷地内の新産業支援センターの一室にオフィスを構えるITベンチャーのキュアコード株式会社は、在宅で認知症の進行を予防するアプリを開発しているとの事。 水分補給等のスケジュール …

介護施設内にカフェ!!石川県小松市に新設!!

石川県小松市にある介護施設等を運営する「寿」が、介護施設内になんとカフェを新設したのだそう。 八幡で運営しているデイサービス施設・有料老人ホームの隣に、「フラット」と名付けたカフェを整備したようです。 …

埼玉県入間市、認知症高齢者の徘徊対策で“爪Qシール”

埼玉県入間市は認知症の高齢者の徘徊対策として、QRコードを印刷したシールを2016年11月から該当する高齢者に無償配布しています。 “爪Qシール”と呼ばれるこのシールは縦横1センチメートル角ほどで、手 …

社会保障の仕組み変更、医療・介護の負担が増えます・・・ 

8月1日から社会保障の仕組みが変わります。 特に一定の所得がある高齢者は、医療と介護サービスの自己負担額の上限が共に引き上げられます。 医療は70歳以上が対象で、外来医療費の負担上限が月2千円アップし …

錠剤に極小センサーを埋め込んだ“デジタル錠剤”、大塚製薬が世界初承認 抗精神病薬エビリファイ(アリピプラゾール)にセンサー

米食品医薬品局(FDA)が、錠剤にごく小さなセンサーを埋め込んだ“デジタル錠剤”を承認したとの発表がありました。 医師の処方通りに患者が薬を飲んだかどうかを第三者が確認できるというもので、効果的な治療 …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細