ニュース 未分類

水道水で認知症発症リスクが低下!?デンマークが研究

投稿日:

Pocket

水道水という身近な存在が認知症に与える影響を分析した研究結果が、デンマークのコペンハーゲン大学の研究者らによって2017年8月23日に発表されました。

リチウムは大量に摂取すると中毒や甲状腺の機能障害を起こすとされていますが、実は双極性障害の治療薬としても使用されており、そもそも単なる有害な金属ではないそうです。




リチウムは海水や岩石にも含まれ、水道水や食品中にも微量存在している為、日常的に少なからず摂取していると言えるようです。

更に、微量とはいえ脳機能や心理面に与える影響が大きいとされていて、アメリカや日本で過去に行われた調査では、水道水中のリチウム濃度が高い地域ほど自殺率が低いという結果も出ているのだそう。

こうした調査結果から、コペンハーゲン大学の教授らは認知症にも何らかの効果があるのではないかと推測し、認知症を発症している7万3731人と発症していない73万3653人のデータを抽出し、居住地域の水道水を調査したそう。

まず、水道水中のリチウム量が「適量(1リットルあたり5.1~10マイクログラム)」とされる水道水を飲んでいた人は、「低量(1リットルあたり5マイクログラム未満)」の水を飲んでいた人に比べ認知症発症リスクが22%増加していたのだそう。

更に、「高量(1リットルあたり15マイクログラム以上)」の水を飲んでいた人と「低量」の人と比較すると、前者はリスクが17%低下していた。




しかし今回の結果は、リチウムが認知症を抑制するという因果関係を明らかにした訳ではなく、あくまでも両者の相関関係を示したのみ。

 その上、水道水以外の条件を考慮していないので、例えばリチウム濃度が適量な地域は低量や高量な地域に比べて認知症リスクを高める何らかの環境要因がある等の可能性も否定できないという事です。

ですが、もし水道水が認知症発症リスクが低下するのであれば、本当に身近な物で認知症対策が出来る訳ですから、素晴らしい発見ですね!!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大正時代の水洗便器、発見される!製造元にも残っていない貴重すぎるトイレとは!?

滋賀県東近江市の古民家から大正期の水洗用小便器が見つかったらしいです。 TOTOの前身となる会社の製品らしいのですが、やはりとても貴重なものなのだそうで。 古民家はかつての近江商人の邸宅で、近江八幡市 …

業界初! 敬老の日に介護施設で“出張クレーンゲーム教室”!!

唯一のクレーンゲーム資格である“クレーンゲームの達人検定”を認定、発行する一般社団法人日本クレーンゲーム協会は、2017年9月18日の敬老の日に、業界初となる、老人ホームや介護施設などを対象とした、ク …

使用後の紙おむつを下水道へ流す!?国土交通省が検討、5年後に実用化目指す

国土交通省は、ディスポーザーと呼ばれる流し台の生ごみ粉砕機の技術を応用し、下水道に紙おむつを流す仕組みの検討に乗り出しました。 保管やごみ出しの手間をなくし、高齢者の介護や子育ての負担軽減につなげる狙 …

介護職員の4割が有給取れず・・・ 人手不足で有給申請を認めてもらえない例も

介護職員の4割が有給休暇をほとんど取得できていない実態が、介護職員らでつくる労働組合「日本介護クラフトユニオン」の調査で分かりました。 現場の人手不足などが原因とみられ、関係者は労働環境の改善などを求 …

過労死から自らを守る為の“隠れ疲労”3つのサイン

長時間労働による「過労死」が問題視され、現在働き方改革が推進されています。 ですが、介護業界は慢性的な人手不足等もあり、なかなか難しいところも。 自分自身で過労死から身を守る必要もありますよね。 その …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細