施設にて

見守り≒拘束!?

投稿日:

Pocket

例えば歩行状態不安定な方がいたとして、危ないからと常に付き添い見守りを行うというのは決して間違っているとは言えないと思います。
しかし付き添われる側は、常に隣や後ろに付いて回られてどのように感じるでしょうか
勿論「ありがたい」「安心できる」と感じる事もあるでしょう。
ですが、中には「見張られているようで嫌」「精神的に不自由」と感じる事もあるのです
良かれと思って行う見守りが、場合によっては「拘束」となってしまう可能性もあるのです・・・
転倒も怖いですし、本当に危険な歩行状態の方もいらっしゃいますから、勿論臨機応変に、となってしまいますが、場合によっては一歩引いてみるのも一つのケアのあり方なんだなぁと思います




介護職員ランキング



-施設にて

執筆者:

関連記事

折り鶴、くれすぎてたまにいらない

あるおばあさまはチラシやら破ったカレンダーやら、紙を色々集めております。 その紙を使って鶴を折ったり箱を作ったり。 そして、その作った作品を賄賂かのように職員に渡したがります。 だいたいの人は本人の気 …

no image

「親知らずが一本しかないから食べられないのよ!」

「親知らずが1本しかないから食べられないのよ!」 おばあさまがいつも言う謎理論。 いやいや、どういうこっちゃ!? そのおばあさまは上下共に義歯を使用されていて、確かに上の歯は数本残っているのですが・・ …

ゴミだって「生きて来た証」

今日は5/30ですが、語呂合わせで“ゴミゼロ”の日だそうです。 認知症が進むとゴミを大事にしてしまったりと、捨てる事をしなくなったりするようです。(関連ページ:https://akisuke-kaig …

「こんなとこに勤めてたんじゃ、夢の夢だね」

毎朝の新聞チェックが日課のおじいさま。 今朝の新聞の折り込みチラシも勿論チェック。 その中で新車種のチラシを見たおじいさま。 「おっ、カッコいいな」 あきすけもチラシを見て確かになーっと一緒に談笑。 …

大火災に対する認知症おばあさまの反応は・・・

イギリスのロンドンで起きた大火災。 「グレンフェル・タワー」として知られている高層住宅。 その高層住宅から現地時間の6月14日の真夜中過ぎにの3階から火が出て、あっという間に建物全体に燃え広がったそう …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細