施設にて

赤は女の色、黒も女の色

投稿日:2017年4月5日 更新日:

Pocket

あきすけはよく赤いポロシャツを着ています。

すると、あるおばあさまが言います。

「あんたは男か、女か」

男だよ?

「赤いの着て、女の子みたいだね」

男が赤いの着ちゃダメなのか!?

「赤は女の色だろ」

おばあさま、黒い服着てるけど、黒は男の色じゃないの?

「あたしは黒いの着たって別にいいんだよ」

・・・何それ、ずるい

ランドセルもちょっと前までは男の子は黒、女の子は赤と決まっていましたが、今は決してそんなことはないですもんね

それでもご高齢の方の中には「男と赤」という組み合わせに違和感を感じる人もいるようですね

↓↓↓スキルアップの為に資料請求だけでもしてみませんか??↓↓↓



介護の資格をとるならシカトルで。講座の比較に便利な一括資料請求など、全てのサービスを無料で提供。



介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-施設にて

執筆者:

関連記事

入浴は運動

「入浴も運動」 他愛の無い会話の中のワンフレーズ。 確かに入浴するのも体力がいる。 体への負担も少なからずある。 高齢者にとってはそれが顕著。 若者でも熱い湯に長時間浸かりすぎれば汗だくで疲労感さえ感 …

no image

行ってきます

帰り際、みんながみんな「行ってらっしゃい」って送り出してくれる訳ではなく・・・ 当然帰宅願望の強い方々もいて、「帰りたい。いつ帰れるの?」って不穏になられる方もいます。 認知症の方々の中にはやはりなぜ …

no image

「弱き者は弱く、強き者が強いだよ」

「弱き者は弱く、強き者が強いだよ」 始めは飲み終えたコップの話でした。 そこから汚れや菌の話になって、気がつけばそんな話に(´・ω・`) 「この世はバイ菌だらけ」 そんな事も言っていましたが、そのバイ …

「犬猫じゃないんだから!!」

介助中のおばあさまの発言。 「もっと優しくやってよ!犬猫じゃないんだから!!」 昔の人と今の人では犬や猫に対する感覚が違ったりする事もあるようです。 戦争時や戦争直後を生きてきて、認知症によってその頃 …

「こんなの(発達障害)病気って言わないよ」

今ではメジャーな事が昔は知られていなかった、という事は多くあると思います。 例えば「発達障害」。 現代では子供のおよそ15人に1人の割合だとも言われており、むしろ「個性」として見ていこうという考えも広 …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細