施設にて

「あら、いつもは眼鏡してなかったかしら?」

投稿日:

Pocket

「あら、いつもは眼鏡してなかったかしら?」
普段は眼鏡をかけているあきすけですが、たまたま眼鏡をしていなかったときがありまして
そんな時、基本的に挨拶する程度の関わりしかない他フロアのおばあさまがそう声を掛けてくださいました。
そのおばあさまも認知症の為新しいことを記憶するという事はなかなか難しいと思われるのですが、それでもそんな風に覚えていてくださるんだなぁと、介護士として嬉しく、誇らしくなりました
違う人と勘違いしているという可能性もありますが

求人数国内最大約3万件【介護求人ナビ】




-施設にて

執筆者:

関連記事

no image

おれは天皇だぞ

横柄な態度、わがまま放題。 そんなおじいさま。 穏やかな時はまだ話の通じるおじいさまでいてくれるのですが、ひとたびスイッチが入るとなかなか大変 「おれは天皇だぞ」 そう言って何でも自分の思い通りにしよ …

no image

忘れっちまった悲しみに

三度の結婚を経験したおばあさま。 でも、二人目以降は記憶から消されている。 子供も二人いる。 一人目の旦那との間の子供の事はしっかり覚えていて、孫とひ孫がいる事も覚えている。 でも、三人目の旦那との間 …

no image

僕の名は・・・?

割としっかりされているおばあさまがいるのですが、その方は職員の名前は全く覚えてくれません 顔は覚えてくれているのですが、毎回「あんた」と呼んできます。 新しい事を記憶できない訳ではないようですし、何度 …

貶し言葉「器用」「要領がいい」

「あの人は器用だ」 「あの人は本当に要領がいい」 これ、決して褒めてはいないのです。 むしろ貶しています。 皮肉を言っているようです。 このおばあさま、元々頑固な性格なのですが更に頭が固くなっているよ …

no image

雨の後の桜の木の下で

最近はあいにくのお天気が続いています。 あきすけの働く特養にも桜の木がありまして、ちょうど見ごろかなという時に雨が続いてしまい、だいぶ花弁が散ってしまいました。 ですが、晴れ間に外へ出ると、雨でぬれた …