解説

噂:個別ケアがしたいから従来型特養は選ばない

投稿日:2017年3月14日 更新日:

Pocket

専門学校等で介護の勉強をしている新卒の方々は「個別ケア」がしたいから就職先に従来型特養は選ばないらしいという噂を聞きました。

あきすけは従来型の特養で働いているので、ちょっぴり切ない

従来型は個別ケアの印象無い、というか入所施設の中でも従来型の特養は確かに個別ケアから一番離れているイメージだよなぁ・・・

施設によるとも思いますが、従来型も全く個別ケアに取り組んでいない訳ではないのですがね

まぁ、知識があるからこそ従来型を選ばない、というのもすごく分かるんですけどね

これから先、ユニット型だったり、THE個別ケアを前面に押し出す施設が増えていくんだと思いますが、全国で介護職員の数がしっかりと増えない限り、入所施設で本当の意味での個別ケアを行える施設は結局数が限られてくるんでしょうねー・・・

でも従来型は従来型で、職員の意識やケアの質等着実に進化していっていますから

また、利用者さんやそのご家族にとっての従来型を選ぶメリットなんかも知ってくれると嬉しいですね





介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



-解説

執筆者:

関連記事

ヒヤリハットで裁判が不利になる?

“ヒヤリハット”ってご存知ですか? ヒヤリハットとは、簡単に言うと事故には至らなかったけれどもヒヤッとしたり、ハッとした事柄の事です。 これは本で読んだ話なのですが、あるリスクマネジメントセミナーにて …

75歳で高齢者、65歳は准高齢者、90歳から超高齢者

少し前にニュースなんかでも取り上げられていた話題。 今年の1月に学会で、65歳以上と定義されている「高齢者」を75歳以上に見直すよう求める提言をされたそうです。 また、65~74歳はまだまだ活発な社会 …

認知症の治療

認知症では、記憶や様々な行動に障害が現れます。 しかし、認知症の治療といっても現段階では失われた機能を完全に戻す事はできません。 残っている身体的・精神的機能をなるべく長く維持する事が治療の目的となっ …

そもそも特養とは?

あきすけは従来型の特養に勤めておりますが、そもそも特養ってなんなんでしょう。 特養は特別養護老人ホームの略称ですね。 厚生労働省によると 『特別養護老人ホームは、入所者に対し、健全な環境の下で、社会福 …

75歳以上の“老老介護”、初の3割超え

高齢者が高齢者を介護する“老老介護”。 2016年に厚生労働省による国民生活基礎調査が実施されました。 調査は医療や福祉、年金、所得など国民生活の基礎データを全国的に集めて分析するもので、1986年か …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細