オススメ商品紹介

映画「八重子のハミング」

投稿日:

Pocket

今日たまたま職場のテレビを見たら、ある映画が特集されておりました。

「八重子のハミング」

介護をテーマとした映画のようで、あきすけはとても気になってしまいました。

大まかな内容はこちら、以下サイトからの引用です。

作品情報
山口県萩市を舞台に、四度のガン手術を乗り越え妻を約12年間介護した陽信孝の手記を「半落ち」の佐々部清監督が映画化。八重子が若年性アルツハイマーであることが判明。闘病を続ける夫の誠吾は、近寄る死の影を見据えつつ、病が進行する妻を支え共に歩む。「群青色の、とおり道」でも佐々部監督と組んだ升毅と「パイレーツによろしく」以来28年ぶりの映画出演となる高橋洋子が、夫婦の強い絆を表す。2016年10月29日より山口県先行ロードショー。

ストーリー
山口県のとあるホール。「やさしさの心って何?」と題された講演。
妻・八重子の介護を通して経験したこと、感じたことを語る白髪の老人、石崎誠吾。
「妻を介護したのは12年間です。
その12年間は、ただただ妻が記憶をなくしていく時間やからちょっと辛かったですいねぇ。
でもある時、こう思うたんです。妻は時間を掛けてゆっくりと僕に お別れをしよるんやと。
やったら僕も、妻が記憶を無くしていくことを、しっかりと僕の思い出にしようかと…。」
誠吾の口から、在りし日の妻・八重子との思い出が語られる。
教員時代に巡り会い結婚した頃のこと、八重子の好きだった歌のこと、アルツハイマーを発症してからのこと…。
かつて音楽の教師だった八重子は、徐々に記憶を無くしつつも、
大好きな歌を口ずさめば、笑顔を取り戻すことも。
家族の協力もあり、夫婦の思い出をしっかりと力強く歩 んでいく誠吾。
山口県・萩市を舞台に描く、夫婦の純愛と家族の愛情にあふれた12年の物語

公式サイト:http://yaeko-humming.jp/

闘病と妻の介護。

なかなかヘビーなテーマだなと思ったのですが、その特集内で出てくる見た方々の感想は本当に深い愛に溢れていました。

うろ覚えで申し訳ないのですが、「怒りには限界がある。けれど優しさには限界が無い。」というような台詞がありました。

すごくなるほど、と思ってしまいました。

この映画によって実際に多くの方の介護観が変わったり、家族のあり方等考えさせられたりしているようです。

実際に妻が介護の必要な状態になったら自分はどうだろうか。

特養で働いているからこそ、身内の介護というものに対しての考え方なんかも一般の方と自分とは違うのかもしれません。

特養で働いているからこそ、身内の介護というものに対してもじっくりと考えてみる事も必要なのかもしれません。

あきすけはこの映画をぜひ見たいと思いました。

原作も同名の「八重子のハミング」(小学館文庫 著:陽信孝)です、こちらも興味があるのでぜひ読んでみたいところです。

原作本はこちら↓からでも購入できますので良かったら。。。



介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-オススメ商品紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

母の日に、おばあちゃんにもマシュマロ電報

今朝のNHKおはよう日本「まちかど情報室」にて紹介されたこのマシュマロ電報。 もうすぐ母の日、という事で取り上げられておりました。 NHKということで、番組で商品名などは明らかにされませんでしたが、( …

子供のいる介護士必見!!インフルエンザ・ノロウイルスも除菌出来る“除菌消臭剤チャーミスト”

介護の仕事をしていると、ウイルスに対して過敏になりますよね。 介護施設に菌を持ち込まない、というのも勿論です。 でも家に小さい子供がいたりすると、施設に持ち込まないよりも施設から菌を持って帰らないよう …

『ばーちゃんがゴリラになっちゃった』!? 過酷な在宅介護をコミカルに描いた漫画が発売!

徳間書店から、『祖父母そろって認知症 ばーちゃんがゴリラになっちゃった。』(税別1,250円)を全国で発売しました。 同書は、フリーライター・漫画家として活躍する青山ゆずこさんが、自身の祖父母の在宅介 …

日本生命、AIスピーカー向けに“認知症予防脳トレ”を無料提供  

日本生命保険は14日、米アマゾン・コムの人工知能(AI)スピーカー「アマゾンエコー」向けに、認知症予防コンテンツ「ニッセイ脳トレ」の無料提供を20日から始めると発表しました。 介護職員の不足が指摘され …

認知症や鬱の予防に効果あり! 誤嚥性肺炎予防にも!! 大人こそやるべきな「音読」

大人が読書をするときは、黙読が一般的ですよね。 その方が文章を読むスピードは断然速いことでしょう。 試験や学習や趣味のために読書をするとなると、かなり量もありますのでやはり音読は適していないと思われま …