ニュース

ソニーが「アイボ」を老人ホームに導入、心身状態の改善効果を“バイタリティーインデックス”で検証

投稿日:

Pocket

ソニーグループの介護事業を手がけるソニー・ライフケアが、介護付有料老人ホームなどで高齢者の日常生活に癒やしをもたらすロボットセラピーの提供を始めたそうです。

ソニーの犬型ロボット「aibo(アイボ)」を用いて、1年間かけて入所者の心身状態の改善効果などの検証にも併せて取り組んでいくのだそう。

アイボは人工知能(AI)や複数のセンサーを搭載したコミュニケーションロボットで、鳴き声で感情を表現したりして“飼い主”になつき、ペットのように振る舞います。

傘下のライフケアデザインは、こうした特徴を持つアイボが入所者の日常生活に好影響を与えると判断、4月から同ホーム「ソナーレ祖師ヶ谷大蔵」など3カ所に導入しました。

新設予定のホームにも導入する。アイボをなでたり話しかけたりすることで得られる癒やし効果が、認知症などが重度化するのを防ぐ効果も期待できるという事です。

併せて、傘下のプラウドライフ運営の介護施設で18日~来年3月の約1年間検証を行うそう。

具体的には「バイタリティーインデックス」と呼ぶ専門的な手法を用いアイボと触れ合った高齢者の身心がどう改善したかを調べ、施設生活の質の向上につなげていくとしています。

介護施設では従来もレクリエーションの一環でロボットを利用することがあり、産業技術総合研究所(産総研)のアザラシ型ロボ「パロ」や富士ソフトのパルロなどが知られていますね。

今後は少子高齢化の進展でコミュニケーションロボットの普及が更に進むと予測されています。

ソニー自らの検証となると、色々と面白い結果も出てきそうですね!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

入所者に「くそじじい」 介護施設職員が暴言で、市が改善要求 

滋賀県守山市の介護老人福祉施設で、男性職員が入所者に暴言を吐くなど不適切な行為を繰り返していたとして、施設を運営する法人に対し高齢者虐待防止法に基づき、改善を求める通知を出していた事が分かりました。 …

「嫌いなので殴った」・・・ 北海道の有料老人ホーム、管理人が利用者を暴行し逮捕

北海道函館市の老人ホームで入所者の男性を殴り、怪我をさせたとして1月14日、管理人の64歳の男が逮捕されました。 傷害の疑いで逮捕されたのは、函館市湯川町の有料老人ホーム「もえ2号館」の管理人。 この …

「認知症、閉じ込めなければ罪ですか」 JR認知症鉄道事故訴訟、遺族が救済拡大へ実名で講演

愛知県大府市で列車にはねられて死亡した認知症の男性(当時91歳)の遺族がJR東海から約720万円の賠償を求められた裁判で、家族に責任はないとした最高裁の逆転判決から約2年。 男性の長男は実名を公表して …

介護施設の整備基金“地域医療介護総合確保基金”、人材不足でほぼ使われず 利用額は未だ16%

「介護離職ゼロ」を目指し、特別養護老人ホーム等を全国で整備しようと、政府が2015年度補正予算に計上した「地域医療介護総合確保基金」。 その基金約1406億円のうち、17年度までの2年間で使われたのは …

インフル後も鼻水が止まらない場合は実は“副鼻腔炎”!? 喘息を合併の危険も

インフルエンザや風邪をひいた後、他の症状が治まったのに鼻の不調だけが続くなら、副鼻腔炎かもしれませんよ!? 副鼻腔に炎症が起きて、鼻水や鼻づまりの症状が出るのが副鼻腔炎です。 副鼻腔炎の代表的な症状は …