ニュース

ソニーが「アイボ」を老人ホームに導入、心身状態の改善効果を“バイタリティーインデックス”で検証

投稿日:

Pocket

ソニーグループの介護事業を手がけるソニー・ライフケアが、介護付有料老人ホームなどで高齢者の日常生活に癒やしをもたらすロボットセラピーの提供を始めたそうです。

ソニーの犬型ロボット「aibo(アイボ)」を用いて、1年間かけて入所者の心身状態の改善効果などの検証にも併せて取り組んでいくのだそう。

アイボは人工知能(AI)や複数のセンサーを搭載したコミュニケーションロボットで、鳴き声で感情を表現したりして“飼い主”になつき、ペットのように振る舞います。

傘下のライフケアデザインは、こうした特徴を持つアイボが入所者の日常生活に好影響を与えると判断、4月から同ホーム「ソナーレ祖師ヶ谷大蔵」など3カ所に導入しました。

新設予定のホームにも導入する。アイボをなでたり話しかけたりすることで得られる癒やし効果が、認知症などが重度化するのを防ぐ効果も期待できるという事です。

併せて、傘下のプラウドライフ運営の介護施設で18日~来年3月の約1年間検証を行うそう。

具体的には「バイタリティーインデックス」と呼ぶ専門的な手法を用いアイボと触れ合った高齢者の身心がどう改善したかを調べ、施設生活の質の向上につなげていくとしています。

介護施設では従来もレクリエーションの一環でロボットを利用することがあり、産業技術総合研究所(産総研)のアザラシ型ロボ「パロ」や富士ソフトのパルロなどが知られていますね。

今後は少子高齢化の進展でコミュニケーションロボットの普及が更に進むと予測されています。

ソニー自らの検証となると、色々と面白い結果も出てきそうですね!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日本郵便が高齢者見守りサービスを開始!!

今日27日、日本郵便が高齢者向けの「みまもりサービス」の受付を8月7日から始めると発表しました。 郵便局員が高齢者の自宅を訪れて健康状態等を聞き、遠方の家族に月に1回メールで報告するというサービスだそ …

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”、およそ半数が認知機能回復

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”と判定された在宅の高齢者を4年間追跡したところ、半数近くは正常な認知機能を回復したとの研究を、国立長寿医療研究センターのチームがまとめ、米医学誌に発表 …

福岡で「高齢者の症状に合わせた車いすシーティングセミナー」開催

10月28日、日本通所ケア研究会が福岡市にて「高齢者の症状に合わせた車いすシーティングセミナー」を開催します。 このセミナーは、介護現場の高齢者に合わせた姿勢の具体的な整え方や適切なシーティング術を体 …

介護・福祉の適職フェア「カイゴジョブフェスタ」全国10都市で開催!自分に合う職場がきっと見つかります!!

株式会社エス・エム・エスが運営する介護職向け求人・転職情報サイト「カイゴジョブ」 主催の介護・福祉の適職フェア「カイゴジョブフェスタ」が全国10都市で開催されます。 介護業界の離職理由の多くは、 一般 …

ノルウェー、老人ホームに学生が宿泊するようになる!?

日本の話ではありませんが・・・ 安い宿泊料で学生が老人ホームに滞在し、高齢者が若者と交流できるような取り組みをノルウェーの野党・最大政党の労働党が提案したとかなんとか。 試験的プロジェクトとして実行で …