ニュース

介護中と一目で分かる“介護マーク”、認知症の家族の介護に安心を

投稿日:

Pocket

“介護マーク”。

介護が必要な妻のトイレに夫が付き添ったり、女性物の下着を買ったり、そんな場面で頼りになるのがこのマーク。

これは元は静岡県が6年前に全国で初めて作成、その後国の後押しもあって各地に広まってきています。

認知症があっても傍からは分かりづらく、介護が必要とは分からない事も・・・

ある方は、外出先では認知症の妻のトイレ介助の為仕方なく男子トイレに一緒に入り、他の利用者からジロジロと見られ、妻の下着を買う時には「変態と思われないか」と気になったそうですが、マークを使い始めてからは、不審な目で見られる事もなくなり「安心感がある」という。

またある方は認知症の妻が個室のドアを開けられずに叫び声を上げた為女子トイレに入り、妻を助けて外へ出ると、叫び声を聞きつけて駆けつけた三人の男性に取り囲まれたそう。

その際、運転免許証を見せて事情を話し、何とか誤解を解いたそうで、「マークがあれば説明しなくてもいい。本当に気が楽になった」と話しされているそう。

そもそも静岡県がマークを作成したのは、こうした介護者の悩みが寄せられたのがきっかけで、2011年に県内の市町と協力して配布を始め、厚生労働省も先進的な事例として他の都道府県へ周知したのだそう。

そこから導入する自治体が増えており、静岡県によると、七月一日時点で静岡、愛知、岐阜、長野、茨城、栃木、新潟、島根、佐賀の九県全域のほか、さいたま市や千葉市、相模原市など五百十一市区町村が配布している。

しかし、マークそのものの知名度がまだまだ低い事が課題です。

県を挙げて普及に取り組んできた静岡県でも、昨年十二月に実施したアンケートでは「見たことがなく、意味も知らない」との回答が47・1%だったそう。

県長寿政策課は「マークの効果をより高めるため、周知の手を緩めないようにしたい」と話す。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

特養で全員にナースコール設置せず、虐待と認定 「虐待の認識無かった」と釈明

7月21日の今日、三重県伊賀市のある特別養護老人ホームが一部の入所者に対してナースコールを設置していなかった事を、市が高齢者虐待防止法に基づく虐待行為に当たると認定したと発表されました。 三重県による …

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”、およそ半数が認知機能回復

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”と判定された在宅の高齢者を4年間追跡したところ、半数近くは正常な認知機能を回復したとの研究を、国立長寿医療研究センターのチームがまとめ、米医学誌に発表 …

日本郵便が高齢者見守りサービスを開始!!

今日27日、日本郵便が高齢者向けの「みまもりサービス」の受付を8月7日から始めると発表しました。 郵便局員が高齢者の自宅を訪れて健康状態等を聞き、遠方の家族に月に1回メールで報告するというサービスだそ …

中国が高齢社会を懸念し日本と“介護実習生教育”で協力

超高齢化社会を迎える中国。 そんな中国の団体が、介護人材の不足に対応する為、介護実習生を受け入れる日本の団体と協力して人材育成を行うことで合意したそうです。 中国では約30年後の2050年に人口が14 …

息子(80)の面倒を見る為に、同じ高齢者施設に入所した母(98)!?イギリスでの出来事

「いくつになろうが親にとっては子は子」と言われます。 イギリスであるおばあちゃんが息子にした事が大きなニュースとなっているようです。 なんと、高齢でありながら我が子の面倒を見るために、息子がいる高齢者 …