ニュース

介護職の退職理由1位は“人間関係”・・・ 「介護労働者の就業実態と就業意識調査」の結果が発表!

投稿日:

Pocket

公益財団法人介護労働安定センターが、2017年度の「介護労働者の就業実態と就業意識調査」を発表しました。

調査は昨年の10月、介護保険サービス事業を実施する事業所で、介護にかかわる労働者のうちから無作為抽出して実施したものだそうです。

今の仕事(職種)について続けたいかを聞くと、「続けたい」(53.8%)が最多で、次いで「今の仕事以外で、訪問介護員、サービス提供責任者、看護職員、介護職員、生活相談員、介護支援専門員等の介護職を続けたい」(23.6%)。

そのうち、目指す職種は「訪問介護員」(47.4%)が約半数に上り、次に「介護職員」(13.0%)だったそう。

就業形態別に賞与の状況を聞くと、「制度として賞与の仕組みがある」と回答したのは、正規職員が71.5%、非正規職員が38.2%。

「経営状況によって支払われることもある」は、正規職員で 14.1%、非正規職員で13.5%。

「賞与はない」は、正規職員で 11.0%、非正規職員で40.6%。

勤務先に関する希望については、「今の勤務先で働き続けたい」(56.9%)が、「介護関係の別の勤務先で働きたい」(7.8%)、「介護・医療・福祉関係以外の別の勤務先で働きたい」(4.1%)を大きく上回ったようです。

前職の介護職を辞めた理由を聞くと、1位が「職場の人間関係に問題があったため」(20%)、2位が「結婚・出産・妊娠・育児のため」(18.3%)、3位が「法人や施設・事業所の理念や運営のあり方に不満があったため」(17.8%)で労働環境や勤務先の運営に対する不満があったことがうかがえますね。




家族の介護状況を聞くと、「当面ない」が52.7%で半数を超えています。

次いで 「ここ数年のうちに、可能性がある」が31.8%、「現在、介護している」が12.3%だったそうです。

将来、仕事と介護の両立については、「わからない」(44.6%)が最多で、以降「続けられないと思う」(26.4%)、「続けることができると思う」(26.1%)だったよう。

「続けることができると思う」人は、「介護休暇制度を知っている」「突然の残業がない」「日頃から有給がとりやすい」等の勤務先の状況について「あてはまる」と答えた割合が、「続けられない」と思う人に比べ全体的に高かったそうです。

あきすけには小さな子供がいる為、度々子供がお熱を出したりして保育園から呼び出されたりしますが、有給使用して早退させてもらったりしているのでなんとか育児との両立が出来ている面もあります。

たまに嫌な顔をされる事もありますが・・・

まぁ、育児は介護とはまた違いますけどね(^_^;)


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

外国人の技能実習生、複数人体制を条件に夜勤も行う方針

技能実習制度を通じた介護施設・事業所への外国人の受け入れが来月から解禁されますが、厚生労働省は9月29日、介護独自のルールをまとめた告示とその解釈を明らかにする通知、運用のガイドラインなどを公表しまし …

介護職員による高齢者虐待、前年より10%増・・・ 総件数も過去最多に

2016年度に65歳以上の高齢者が家庭や特別養護老人ホームなど介護施設で虐待を受けたと認められた件数が前年度比2.8%増の1万6836件だったことが9日、厚生労働省の調査で分かりました。 このうち施設 …

選挙での郵便投票、対象を要介護3へ拡大 新たに162万人が対象に

自民、公明両党が、国政や地方の選挙の際に、介護保険制度で介護の必要度が最も重い要介護5などに限定的に認められている郵便投票について、要介護3と4の人にも対象を拡大する公選法改正案をまとめましたね。 高 …

介護職員の虐待を防げ!?労使協定で職場改善改善へ

先日、介護職員でつくる労働組合の「日本介護クラフトユニオン」が現場での高齢者や障害者への虐待防止に向け、介護事業者40社と、職場環境改善に取り組む労使協定を結んだと発表しました。 職員のストレスが虐待 …

京都の病院で結核集団感染 職員も感染、死亡者も

京都市にある宮崎神経科嵯峨病院が、院内で結核の集団発生があったと発表しました。 入院患者1人が死亡したほか、患者19人と職員1人が感染し、うち患者8人が発病したそうです。 入院患者の70代の男性が10 …