ニュース 事件

壊死をハサミで切り取り・・・ 医師でもないのに医療行為、介護施設の社長が有罪判決 

投稿日:

Pocket

医師でないのに高齢者介護施設で入居者に医療行為を行ったー

医師法違反などの罪に問われた高齢者介護施設運営会社の社長、川染智騎被告(37)に対し、懲役2年6カ月執行猶予4年(求刑懲役2年6カ月)が言い渡されました。




判決などによると、川染被告は昨年7月、津市一志町片野の介護施設で、女性入居者の壊死した腰の部分をハサミで切り取ったほか、同年9~10月、70~80代の入居者の男女3人から採血するなどしたとの事です。

判決は「満足感や優越感を得たいという気持ちもあって、医行為を続けていたという点は非難に値する」などと指摘。

一方、執行猶予の理由として「今後は周囲の意見を聞き、事業を継続するうえで再発防止策もとって二度と違法なことはしないと約していること」などを挙げたようです。




壊死した部分を自分で切り取ろうなんて考えた事も無かったですが、緊急性があった事ならいざ知らず、興味本位で行ったのだとしたら許しがたいですよね。

しかも社長自らとは・・・

施設内での権力があるからこそのやりたい放題だったのでしょうかね・・・


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース, 事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

“モフトレ”で介護者の負担減&高齢者の自立支援!?

今日8月4日、Moff、三菱総合研究所、早稲田エルダリーヘルス事業団は、IoTを活用した高齢者の自立支援サービス“モフトレ”の提供を開始しました。 このモフトレというのは、3Dモーションを計測できる腕 …

有料老人ホームで入所者に暴行か、介護職員の男を逮捕

北海道旭川市の有料老人ホームで入所者の80代の女性に殴る等の暴行を加え、怪我をさせた疑いで介護職員の27歳の男が逮捕されました。 旭川市末広の有料老人ホーム「大地」の職員の男性(27)は先月22日の夜 …

高齢者の暴行摘発、10年でおよそ4倍に

傷害や暴行等での高齢者の摘発人数が、人口増加を上回るペースで急増している事が国の統計から分かりました。 特に暴行の摘発は10年前から4倍超に激増しているそう。 些細なトラブルから他人に手を出すケースが …

ふるさと納税の返礼品に“高齢者の見守り訪問”

ふるさと納税の返礼品に、市内で暮らす高齢者の安否等を確認する“見守り訪問”のサービスを福島県須賀川市が8月に加えるそうです。 寄付者が希望する高齢世帯を週1回、市が連携協定を結ぶ郡山ヤクルト販売のヤク …

ロボットを通して高齢者の見守り!?“パペロ”で遠隔交流サービス開始!

ITシステムの開発・運用会社コンロッドがNECの小型汎用(はんよう)コミュニケーションロボット「PaPeRo i」(パペロ)を使った高齢者と家族の遠隔交流サービスを始めました。 高齢者の見守りに留まら …