ニュース 事件

宮城県の有料老人ホーム、利用者の預金1000万円を施設運営費に 職員の給与まで預金から・・・

投稿日:2017年10月3日 更新日:

Pocket

宮城県大崎市鹿島台の有料老人ホーム「多機能ホーム虹の丘」で、施設側が利用者の所持金を不正に流用したとして、県は2日、運営会社「灯の家」に対し、老人福祉法に基づく改善命令を出したそうです。

宮城県の長寿社会政策課によると、2月に亡くなった市内の女性から預かっていた預金通帳から約1000万円を引き出し、従業員の給料等施設運営費に充てていたという事です。

通帳は2013年に女性が入所した際、施設に管理を依頼されており、今年2月に女性の親族が通帳の返還を求めた際、残高がほぼ無くなっていた為県に相談、流用が発覚したのだそうです。

宮城県や大崎市の調査に対し、施設側は流用の事実を認め、被害女性の遺族に流用した金の一部は返済したようです。

「虹の丘」には現在15人の利用者がいるそうですが、現在通帳を預けている人は他にいないという事です。

「灯の家」の代表は「申し訳ないことをしてしまった。東日本大震災後、職員が集まらないなど運営が苦しかった。処分を真摯に受け止め、14日付で事業を終了する。(女性の遺族には)今後もお金を返し続けたい」と話したそうです。

施設は15日以降、別の運営会社に引き継ぐという事です。

利用者さんの預金で職員の給料まで賄うなんて、ちょっと信じがたい事件ですじゃ・・・


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース, 事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【事例あり】“抗認知症薬”で暴力・暴言が増加!?逆に減薬も効果あり!

認知症の進行を遅らせる効果がある“抗認知症薬”の服用により患者の暴力や暴言がひどくなったと悩む介護者は少なくないのだそうで。 厚生労働省は昨年、抗認知症薬の投与を規定量未満に減らす事を認めましたが、勿 …

8月から保険料に「総報酬割」導入で大企業社員や公務員は介護負担増 

40~64歳が支払う介護保険料。 収入に応じた「総報酬割」という新しい計算方法が8月から導入されるそうです。 大企業の社員や公務員ら約1300万人は負担が増える一方、中小企業を中心に約1700万人は負 …

インフル後も鼻水が止まらない場合は実は“副鼻腔炎”!? 喘息を合併の危険も

インフルエンザや風邪をひいた後、他の症状が治まったのに鼻の不調だけが続くなら、副鼻腔炎かもしれませんよ!? 副鼻腔に炎症が起きて、鼻水や鼻づまりの症状が出るのが副鼻腔炎です。 副鼻腔炎の代表的な症状は …

高齢者の製品死亡事故、5年間で126件も

今年3月までの5年間に報告が寄せられた製品事故の内、65歳以上の高齢者が関わっている事故は1280件に上っているそうです。 その中で、ストーブの扱いを誤って火事を起こしたり、介護ベッドの手すりに首を挟 …

介護職員による高齢者虐待、前年より10%増・・・ 総件数も過去最多に

2016年度に65歳以上の高齢者が家庭や特別養護老人ホームなど介護施設で虐待を受けたと認められた件数が前年度比2.8%増の1万6836件だったことが9日、厚生労働省の調査で分かりました。 このうち施設 …