ニュース

岐阜県の特養で29人がインフルエンザ集団感染、死亡者も

投稿日:

Pocket

岐阜県の特別養護老人ホームでインフルエンザの集団感染が発生しているそうです。

90代の入所者の男性の死亡者も出てしまっているとの事です。

岐阜県によると、岐阜県八百津町の「特別養護老人ホーム敬和園」で、入所者22人と職員7人がインフルエンザに感染してしまっているそうです。

このうちA型に感染していた入所者の90代の男性が、12日午前に死亡してしまったとの事。

男性は普段は4人部屋で生活していて、10日から発熱の症状があったそうです。

施設では現在も入所者15人を含む18人に症状があり、入所者は全員隔離されているそうです。




高齢者の入所施設だと、抵抗力の弱い方々が多い分対策していても一気に感染拡大してしまう事も有り得ますからね。

ちなみにあきすけの勤める特養ではインフルエンザは発症していませんが、あきすけの家族は妻も子供達も、あきすけ以外全員インフルエンザB型にかかりました…

未だ収まる気配のないインフルエンザの猛威、出来る限りの予防をしていかねばですね!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護職専門求人転職サイトで初!!求人のマップ検索機能を搭載!!

株式会社ファーストコネクトが提供している、介護業界に特化した人材紹介サービス「ファーストナビ介護」のユーザー向けWEBサイトをリニューアルしました。 求職者のニーズに即したマップ検索機能の搭載等により …

神奈川県大和市、認知症高齢者の鉄道事故に賠償金の肩代わり制度を新設 最大で3億円

神奈川県大和市は、認知症の高齢者の電車事故等の際に家族が高額の損害賠償を求められた場合などに最大3億円の賠償金を肩代わりする制度を新設するのだそう。 市が民間の保険に加入して対応するそう。 公費でこう …

京都の若手僧侶達が中心となって“認知症の駆け込み寺”目指す

京都の若手僧侶達が認知症対策の拠点として寺院を活用しようと、プロジェクトチームを結成したそうです。 全国各地にあって、尚且つ高齢者との接点が多い寺院を一種の社会基盤と考え、その強みを生かし認知症に悩む …

水道水で認知症発症リスクが低下!?デンマークが研究

水道水という身近な存在が認知症に与える影響を分析した研究結果が、デンマークのコペンハーゲン大学の研究者らによって2017年8月23日に発表されました。 リチウムは大量に摂取すると中毒や甲状腺の機能障害 …

外国人の技能実習生、複数人体制を条件に夜勤も行う方針

技能実習制度を通じた介護施設・事業所への外国人の受け入れが来月から解禁されますが、厚生労働省は9月29日、介護独自のルールをまとめた告示とその解釈を明らかにする通知、運用のガイドラインなどを公表しまし …