ニュース

昔の暮らし再現で高齢者の認知症症状を緩和する試み 京都の特養で

投稿日:

Pocket

京都デザイン協会所属のデザイナーが協力して、高齢者の認知症症状を緩和する試みが、京都市内の特別養護老人ホームで進められているそうです。

「おくどさん」など、高齢者に昔の暮らしを思い起こさせる空間を施設内に再現し、入居者が落ち着ける雰囲気を演出するのだそう。

会話が増えるなどの効果が出始めているようで、今後の成果に期待がもたれています。

島根大大学院の田中直人特任教授が、昨年から伏見区の「深草しみずの里」で、認知症の症状を緩和するとされる「レミニセンス(回想法)」を実験的に導入しているそうです。

認知症患者の生活に懐かしい居住環境を取り入れることで、入居者の心が安定し、症状が和らぐという。

この昔の暮らしの再現に京都デザイン協会が協力、バス停や駄菓子屋の実物大模型を空間デザインしたのだそうです。

京都の懐かしい事物を調査し、かまどの「おくどさん」や町家の縁側、地蔵などを取り入れた5種類のセットを制作したそう。

施設内に再現した地蔵の前では、入居者が毎日お参りするようになったり、おくどさんの前では昔の食事についてしゃべったりするなど、入居者の会話が増えるきっかけになっているという。

田中特任教授は、空間デザインの効果を検証して今年中にも成果をまとめる予定で、「これからも研究を進め、セットを取り入れた新たな施設を提案していきたい」と話しています。

これは良い取り組みですね、羨ましい!

精巧な模擬セットなんて、介護職員だけで準備する事は難しいですからね、本当に羨ましい!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

2016年度の労災申請が多い業種、一位は介護業

昨日6月30日、厚労省は2016年度の労災補償状況を発表しました。 これによると、過労や仕事による強いストレスが原因で精神障害を発症し、昨年度労災認定された件数は、過去最多の498件であったそうです。 …

誤嚥性肺炎で特養訴訟

埼玉県の特養に入所していた高齢女性が介護ミスで死亡したとして、遺族が施設の運営法人に約4千万円の損害賠償を求める訴訟を起こす、というニュース。 亡くなったのは女性は当時86歳で要介護度4、認知症を患っ …

ソニーが「アイボ」を老人ホームに導入、心身状態の改善効果を“バイタリティーインデックス”で検証

ソニーグループの介護事業を手がけるソニー・ライフケアが、介護付有料老人ホームなどで高齢者の日常生活に癒やしをもたらすロボットセラピーの提供を始めたそうです。 ソニーの犬型ロボット「aibo(アイボ)」 …

介護職員のおよそ6割が「慢性的疲労」 長野県民連の調査で

長野県で県民連が、県内約900の事業所を対象にアンケートを行ったそうなのですが、41%が「疲れが翌日に残ることが多い」、15%が「休日でも回復せず、いつでも疲れている」と、介護施設で働く職員の56%が …

高齢者の暴行摘発、10年でおよそ4倍に

傷害や暴行等での高齢者の摘発人数が、人口増加を上回るペースで急増している事が国の統計から分かりました。 特に暴行の摘発は10年前から4倍超に激増しているそう。 些細なトラブルから他人に手を出すケースが …