ニュース

特養職員が特養で結婚式、入所の祖母の前で挙式! 「ばあやん、結婚したよ」に普段声を発しない祖母から発語の奇跡

投稿日:

Pocket

「施設で暮らす祖母に晴れ姿を見せたい」。

長野市豊野町の社会福祉法人賛育会特別養護老人ホーム「豊野清風園」で4月22日、女性介護職員の結婚式がありました。

地元の専門学校生が全面協力した『手作り』結婚式で、新郎新婦は大好きな祖母や利用者、職員らが見守る前で永遠の愛を誓いました。




結婚式を挙げたのは同施設で働く介護主任の池田美紀さん(34)と、会社員の浩さん(36)。

同施設に入所する美紀さんの祖母、黒岩薫さん(94)は認知症が進み、寝たきりで意思疎通がままならない状態。

施設での結婚式は、3年ほど前から同僚や上司と共有してきた美紀さんのアイデアという。

それを聞いた浩さんは驚いたが、「見せられるうちにやらないと」と快諾。

ブライダルコースを置く地元の専門学校に森施設長がプロデュースを依頼し、実現したのだそう。




当日は、食事に使う大きな部屋で式が行われ、親族や利用者、職員ら計約150人が詰め掛けた。

和装姿の新郎新婦が入場すると、利用者から「おめでとう」「結婚はええな」などの声が上がり大きな拍手で祝福。

新婦からの手紙で、美紀さんが「ばあやん、私結婚したよ。花嫁姿見せられたよ」と話し掛けると、普段声を発しない薫さんが声を上げて応えたそうです。

サプライズで薫さんからの花束贈呈もあり、美紀さんは手で涙を拭いながら受け取ったのだそう。

式をプロデュースしたのは、専門学校カレッジオブキャリアブライダルコースの学生18人。

ヘアメイク、着付け、司会、アテンド、会場装飾などすべての工程を学生が担当したそうです。




こういうの、いいですね。

他の利用者さんたちにとっても普段とはまた違った素敵なイベントを楽しめますしね!

なにより、こういうことをさせてくれる上司や同僚がいてくれる職場っていう事も素敵ですよね!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

和歌山県で特養の介護職員が県知事賞の“白梅賞”を受賞!!

和歌山県では、知事が地域の社会福祉向上に貢献した人をたたえる“白梅賞”という賞があるのだそうです。 そんな“白梅賞”、今年は県全体で10人が受賞したのだそうですが、その内の一人に特別養護老人ホームとき …

高齢者の救急搬送、8割が“転倒” 更にその内9割が室内で転倒

東京消防庁は10月12日、「救急搬送データからみる高齢者の事故」について発表しました。 2016年の交通事故を除いた日常事故による都内65歳以上の高齢者救急搬送人員は前年と比べて5.9%増の7万219 …

高齢者の暴行摘発、10年でおよそ4倍に

傷害や暴行等での高齢者の摘発人数が、人口増加を上回るペースで急増している事が国の統計から分かりました。 特に暴行の摘発は10年前から4倍超に激増しているそう。 些細なトラブルから他人に手を出すケースが …

介護職員のおよそ6割が「慢性的疲労」 長野県民連の調査で

長野県で県民連が、県内約900の事業所を対象にアンケートを行ったそうなのですが、41%が「疲れが翌日に残ることが多い」、15%が「休日でも回復せず、いつでも疲れている」と、介護施設で働く職員の56%が …

仕事にストレスを感じる要因、1位は“仕事の質・量” 厚労省が発表

仕事に強いストレスを感じている人は59.5%にのぼる事が、厚生労働省が2017年9月7日に発表した「2016年 労働安全衛生調査」でわかりました。 労働者のストレスの原因の一つとして、人手不足による1 …