ニュース

糖尿病治療が楽に!?血糖値に応じて自動的にインスリンを出せる新素材を開発

投稿日:

Pocket

血糖値に応じて自動的にインスリンを出せる新素材を、名古屋大学と東京医科歯科大の研究チームが開発したとの発表がありました!

実用化すれば、患者の皮膚に貼るだけで糖尿病治療ができるようになるとしています。

5年後にヒトでの臨床研究を目指すとの事です。

糖尿病とは血糖値を下げるインスリンを膵臓で作り出せなかったり、インスリンの効きが悪くなったりするものですね。

治療で患者が自分でインスリンを注射する場合、指先で血糖値をはかり、1日に4回程度の注射が必要になったり等、手間がかかりますし、毎日続けるのはかなりの苦痛だったりします。




研究チームは、フェニルボロン酸という有機化合物を高分子のゲルに組み込んだ新素材を開発。

このゲルは、周囲のブドウ糖濃度が低い時には薄い膜のような構造に覆われているそうですがが、濃度が高くなると、1秒以内に分子構造が変化し、膜のような構造が無くなるのだそう。

更に、ブドウ糖濃度が低くなればまた元に戻るとか。

ゲルの中にインスリンを入れておけば、血糖値が高い時にはインスリンを放出し、血糖値が低くなれば膜のような構造に覆われてインスリンの放出が止まるといいます。

実験では、カテーテルの先端に開発したゲルを塗り、糖尿病のマウスの皮下に埋め込んだそう。

ブドウ糖を与える試験では、正常マウスに近いほど血糖値の上昇が抑えられ、低血糖も起こらず、更には効果が3週間持続することも確認出来たそうです。

この研究がヒトでも成功すれば、皮膚に貼るだけでインスリンを注入できる機器が安価に作れる可能性があるとされ、大きく期待されています。




高齢者入所施設だと、糖尿病は切っても切れないものです。

重度の認知症もあっての糖尿病患者だと、毎日注射したりはかなり嫌がったりで難しかったりもします。

この研究の今後に期待です!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

介護を行った平均期間は4年11か月、負担総額は546万円・・・

ご存知の通り、政府は“75歳年金受給開始”の導入に向けて検討を進めていますが、そうなると定年の65歳から75歳までの10年間は収入がなくなる事になります。 となると、もし身内が介護が必要となった場合に …

最新式のポータブルトイレがすごい!!水洗式だしウォッシュレットまであるぞ!!!

最新のポータブルトイレがすごい!! TOTOが居室内に後付けできる水洗トイレを4年ぶりに刷新しました。 重さは66㎏と従来製品よりも2割軽くなっているそうで、キャスターを搭載している為1人でも動かせる …

日本郵便が高齢者見守りサービスを開始!!

今日27日、日本郵便が高齢者向けの「みまもりサービス」の受付を8月7日から始めると発表しました。 郵便局員が高齢者の自宅を訪れて健康状態等を聞き、遠方の家族に月に1回メールで報告するというサービスだそ …

6月23日「慰霊の日」

  6月23日、「慰霊の日」。 「慰霊の日」とは1945年6月23日に沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなんで、アメリカ施政権下の琉球政府及び沖縄県が定めた記念日です。 今日6月23日で沖縄戦終結後 …

日本生命、AIスピーカー向けに“認知症予防脳トレ”を無料提供  

日本生命保険は14日、米アマゾン・コムの人工知能(AI)スピーカー「アマゾンエコー」向けに、認知症予防コンテンツ「ニッセイ脳トレ」の無料提供を20日から始めると発表しました。 介護職員の不足が指摘され …