ニュース

認知症「怖くないよ」 認知症の当事者が“認知症”語る

投稿日:

Pocket

沖縄県内に住む若年性認知症の当事者の活動を報告する講演会がで開かれました。

若年性認知症の診断を受けながらも、自らに合った居場所で、働きながら生き生きと過ごしている様子が発表されました。

うるま市の男性(58)は56歳の時に認知症の一種「前頭側頭型変性症」と診断されたそうです。

基地内でフォークリフトのオペレーターをしていたそうですが、仕事の遅さを同僚に注意されるようになって異変に気付いたのだそう。

入院による休職を経て、診断を受けて退職する事になったそうです。

退職後はデイサービスに通っていたそうですが、「仕事がしたくて嫌で嫌で仕方なく行っていた。性格も暗くなっていた」そうです。

現在はB型事業所で野菜作りに携わって賃金をもらっており、「とても楽しくやっている」と笑み。

以前の仕事をしている際は、毎月好きな本を買っていたそうですが、退職後は図書館通いに。

期末ボーナスで「好きな本を買いたい。自分の給料で買って読めることがうれしい」と、やりがいを見つけ、性格も明るくなったと話されたそうです。




ケアマネジャーとして働いていた58歳で診断された女性(63)は「なんとなく分かっていても、はっきり(若年性認知症と)言われた時はショックだった」と漏らしたそう。

職場の上司と相談し勧奨退職したそうですが、「働きたい」との思いが強く、現在は小規模多機能型の事業所施設で週5回、食事の配膳手伝いや皿洗いなどに従事。

「収入は3分の1になったが、給料をもらえ、人と会え、誰かの役に立てることが本当にうれしい」と話されたそう。

1人でバスに乗って映画を見に行くこともあるといい、「皆さん、認知症になっても怖くないですよ。『助けて』と言えば誰かが助けてくれる」と笑顔で話したようです。

認知症を必要以上に恐れずに、活き活きと生活できると良いですね!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

“グランツーリスモSPORT”で高齢者の認知機能が改善

日本アクティビティ協会は、高齢者施設にデジタルデバイスを取り入れたアクティビティを活用する事で、深刻化していた男性向けのアクティビティ不足が改善され、男性シニアの参加率が大幅に改善されたとの発表を行い …

介護職員の労働組合、介護職員の更なる賃上げ求める要請書を厚労相に提出

先日、7万人超の介護職員らでつくる業界最大の労働組合「UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)」が来年度の改定で介護報酬を引き上げるよう訴える要請書を加藤勝信厚生労働相に提出したそうです。 現 …

ロボットを通して高齢者の見守り!?“パペロ”で遠隔交流サービス開始!

ITシステムの開発・運用会社コンロッドがNECの小型汎用(はんよう)コミュニケーションロボット「PaPeRo i」(パペロ)を使った高齢者と家族の遠隔交流サービスを始めました。 高齢者の見守りに留まら …

今年も伸びた平均寿命、男女とも過去最高を更新!!!

先月の27日、厚生労働省から日本人の平均寿命が男性は80.98歳、女性は87.14歳になったと発表されました。 男性は5年連続、女性は4年連続で過去最高を更新していて、男性は前年から0.23歳、女性は …

特養で全員にナースコール設置せず、虐待と認定 「虐待の認識無かった」と釈明

7月21日の今日、三重県伊賀市のある特別養護老人ホームが一部の入所者に対してナースコールを設置していなかった事を、市が高齢者虐待防止法に基づく虐待行為に当たると認定したと発表されました。 三重県による …