ニュース

高齢者の製品死亡事故、5年間で126件も

投稿日:

Pocket

今年3月までの5年間に報告が寄せられた製品事故の内、65歳以上の高齢者が関わっている事故は1280件に上っているそうです。

その中で、ストーブの扱いを誤って火事を起こしたり、介護ベッドの手すりに首を挟まれたりする等、高齢者が製品事故で亡くなったケースはこの5年間で126件に上っているそうです。

死亡事故を製品別に見るとストーブが52件と最も多く、介護ベッドが14件、電動車椅子が12件等となっているようです。





ストーブの事故では給油の際、タンクの蓋を十分に閉めずに灯油が漏れ出したり、誤ってガソリンを給油したりする等、不適切な使い方で火事になったケースが目立っているそう。

一方、介護ベッドの事故では改修されていない古いタイプの物を使っていて、手すり等の隙間をカバーで埋めていなかった等により首等を挟んでしまったケースが目立つという事です。

高齢者の事故では不注意や誤使用による事故が多く、事故を防ぐ為には高齢者本人が注意するだけでなく、周りの人が注意してあげる事が必要と言えますね。

ベッド等、介護施設だとしてもちょっとした事が事故に繋がってしまう事も有り得ますし、しっかりと注意していきましょう!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高校生の5%が家族の介護、学業に支障も 大阪歯科大らの研究グループが“ヤングケアラー”について国内初調査

大阪の高校生の約20人に1人が、家族の介護や家事などの「ケア」を担っていることが、大阪歯科大医療保健学部らの研究グループによる大阪府内の高校生を対象に実施した調査で明らかになりました。 大人が担うよう …

息子(80)の面倒を見る為に、同じ高齢者施設に入所した母(98)!?イギリスでの出来事

「いくつになろうが親にとっては子は子」と言われます。 イギリスであるおばあちゃんが息子にした事が大きなニュースとなっているようです。 なんと、高齢でありながら我が子の面倒を見るために、息子がいる高齢者 …

ふるさと納税の返礼品に“高齢者の見守り訪問”

ふるさと納税の返礼品に、市内で暮らす高齢者の安否等を確認する“見守り訪問”のサービスを福島県須賀川市が8月に加えるそうです。 寄付者が希望する高齢世帯を週1回、市が連携協定を結ぶ郡山ヤクルト販売のヤク …

介護中と一目で分かる“介護マーク”、認知症の家族の介護に安心を

“介護マーク”。 介護が必要な妻のトイレに夫が付き添ったり、女性物の下着を買ったり、そんな場面で頼りになるのがこのマーク。 これは元は静岡県が6年前に全国で初めて作成、その後国の後押しもあって各地に広 …

介護を行った平均期間は4年11か月、負担総額は546万円・・・

ご存知の通り、政府は“75歳年金受給開始”の導入に向けて検討を進めていますが、そうなると定年の65歳から75歳までの10年間は収入がなくなる事になります。 となると、もし身内が介護が必要となった場合に …